小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



三連休後に布団乾燥機を買った。

9月17日(土)

三連休の初日でした。
金曜の夜に新宿歌舞伎町の魚金で、うまくて飲みすぎてしまいました。
JRだと駒込・田端・西日暮里からが家に近いのですが、
日暮里から帰ると谷中銀座の辺りに猫がたくさんいて、
夜に猫を触れたことがあったので、また触りたいと思い遠回りしたのですが、
猫は一匹もいませんでした。さみしい。

日付が変わるぐらいに家に帰ってきて、
Amazonプライムビデオで何かおもしろいのないかなあと探していたら、
「Re:ゼロから始める異世界生活」というアニメが目に入り、
これをおもしろいって言っていた人が何名かいたことを思い出して、
ちょっと見てみました。だんだん引き込まれてきて、
気づいたら朝の6時になっていました。
土曜は燃えるゴミの日なので、ゴミを出して少し寝ました。
昼の12時に起きて、アニメのいま見れる分の最後まで見ていたら、
18時になっていました。まいりましたね。

どげんかせんといかんと立ち上がって、
先日定期券を作った公共のスポーツジムへ自転車をこいで行きました。
文京総合体育館なのですが、片道15分かかるんです。
着いたら、定期券を忘れていたことに気づいて、そのまま帰りました。
15分かけて。往復30分の有酸素運動をしたから、
ジム行かなくてよいんじゃないかと思いました。

夕飯は冷凍していた赤魚を焼いて食べました。
あと結婚式の引き出物のお茶漬け。それからぬか漬け。缶詰。
https://www.instagram.com/p/BKdLFI0ARRj/

9月18日(日)

この日は何をしていたのか。さっぱり思い出せません。
今日こそはと、定期券をきちんと確認して体育館へ行って、
帰りに上野のデリーというカレー屋で、カシミールカレーを食べました。
https://www.instagram.com/p/BKfdxOwgLIJ/

9月19日(月)

おのしゅうさんと遊ぶ約束だけしていて、何をするか決めていなかったのです。
前日に、何しましょうかとLINEでやりとりをして、
おのしゅうさんがサラリーマンだったころに仕事で関わった
郊外のショッピングモールへ行ってみるということに話がなり、
クルマでしか行けないので、おのしゅうさんに途中で乗せてもらい、
昼はそこのフードコートで食べて、午後に映画「君の名は。」でも見ますか。
というところまで詰めたところで、

なんかマイルドヤンキーのデートみたいになってますけど大丈夫ですか

という話になり取り下げて、文京区の公共の会議室を借りて、
ボードゲームでもして遊びましょうということになりました。
千駄木駅の団子坂上近くにある汐見地域活動センターがうまく借りれて、
そこに昼から集まりました。イガラシ夫妻と、miaさんが来てくれました。
チャオチャオ、犯人は踊る、カルカソンヌなどをして、盛り上がりました。
ショッピングモールへ行かなくてよかったです。
https://www.instagram.com/p/BKlQnx4ARht/
机の上に赤ちゃんが乗っているのが、合成(AR)っぽい。
大人はみんなスマホをいじっているから、珍しいポケモンが出現して、
みんなでゲットしようとしている感じにも見えます。


会が終わってから、千駄木のそば屋「大島屋」で食事をしてから、
春昆布さん、小宮山さんが合流して居酒屋「月」へ飲みに行きました。
月は日本酒の種類が豊富で、しかもそんなに高くなくてよかったです。
結婚や恋愛についての話ばかりをして、ぼくは暗くなって、
ネガティブなことばかりを口にしていたと思います。すみません。

暗くなったついでに、銭湯「ふくの湯」でひと風呂浴びて、
牛乳を買って帰りました。
https://www.instagram.com/p/BKgJgxmA10e/
この本を読んで、がんばります。

9月20日(火)

前日のネガティブな気持ちが残っていたのか、
明け方にかなしみや恐怖や怒りなど様々な感情に巻き込まれて
うなされて目が覚めました。天気も悪く、台風16号が近づいてきていました。
一日調子が出なかったのですが、会社でやることは途切れなくあり、
淡々とやっていたのですが、ぐったりしてしまい、

今朝はうなされて目が覚めましたし、台風が来ていますし、気分が落ち込んでおります。

と、Twitterに書いたところ、
北海道の友人であり突き抜け派のメンバーの鈴木鹿さんより、

そこで布団乾燥機ですよ

というリプライがあり、
え、そうなの? そこで、布団乾燥機なの?
と少し考えたのですが、唐突に、
あ、ここで布団乾燥機なんだな。
と心にストンと入ったのでした。その入り具合といったら、
電子レンジを買うか1ヶ月も迷って買っていないぼくが、
約1分でAmazonプライムナウにおいてポチったほどでありました。

帰宅して、少しして到着(台風のなか、Amazonさんすみませんでした)。
実家にも乾燥機はあったのですが、実家のは袋を膨らませるタイプでした。
最近の布団乾燥機はそうじゃないんですね。
特殊なカートリッジを布団に潜らせるだけで、
満遍なく熱風が行き渡るわけなのです。
1時間ほど動かしている間に、お風呂にゆったりと浸かり、
出てきたら、布団、まじで乾燥していました。
引っ越してから4ヶ月干していなかった布団・毛布が、
見事に乾燥したのであります。
乾燥と温かさというのは、人間の本能に響く要素で、
その理由は、おそらく「太陽」のエネルギーによるものだと、
サラっと乾燥した温かい布団の上で思いました。
つまり、布団乾燥機というのは、おれたちの太陽なのです。
https://www.instagram.com/p/BKlQr9OgY99/
落ち込んだ気分は、解消されていました。
びっくりです。

これを買いました。

でかんしょで飲んだり、和食亭で食べたりした。

社内で使っているslackというチャットツールに
雑談のグループがありまして、そこに、
「お酒を飲みたいです」
と書いたところ、いくつかの「いいね」をいただきました。
ならば、と、これから行く酒場を書いて退社したのですが、
その日はだれも来ませんでした。
https://www.instagram.com/p/BKVQKT2goRx/
ところで、この日に行った巣鴨の「でかんしょ」という立飲屋が、
けっこう気に入っています。
千円チケットを買うと、千百円分飲めるのです。

  • ビール300円
  • マカロニサラダ150円
  • モツ煮込み350円
  • 清酒200円
  • コロッケ100円

このワンカップ的な清酒(ヤカンから注がれる)が、
煮込みに合っていまして、たまらんのです。

話が逸れました。
で、やっぱり酒場の名前だけ書いても、みんな来ないよね、
すみません、配慮が足りませんでした。と思いまして、今日は
「19時に出ます、一緒に来られる方はメッセージを」
と記して1時間ほどジッと待ったのですが、
だれからもメッセージがありませんでした。
まあ、そういう星の流れなのでしょう。
水星が逆行しているのでしょう。


ということで、今日はひとりで飲もうと
JR駒込東口の辺りへ行ったのでした。
しかし、昨日も飲んでいましたし、飲もうと意気込むと、
飲まなくてもいいような気がしてくるのですよね、不思議と。
で、和食亭へ行きました。お酒もあるのですが、
基本的に定食を出してくれるお店なのです。
以前、お昼に一度行ったのですが、とにかく品数が多くて、
しかも一品一品丁寧に作られたものが十品は出てきて、
野菜が豊富で栄養のバランスがとてもよいのです。
今日はメインに、かじきまぐろの煮物をいただいて、
やはり前菜がたくさん。中秋の名月をイメージしたという
甘辛いソースがかかった大根の煮物が大変うまかったです。
吉岡秀隆さん似の店主さんがとても気さくで優しく、
テレビで嵐のバラエティ番組をやっていたのですが、
その状況を説明してくださったりして、
お料理もどれもおいしくて、心が満たされました。
ご飯を半分お代わりして、お腹いっぱいになり家に帰るとまだ20時。


最近ジムというか、公共のトレーニングセンターの定期券を買ったのです。
引っ越す前はジムに月1万ちょっと払って通っていたのですが、
文京区の総合体育館のトレーニングセンターだと月2800円なのです。
もともとランニングマシンと、筋トレのマシンを少し使うだけだったので、
これで十分なのでした。場所は東京大学の横にあるのですが、
東大の横を通ると、その辺を歩いている人がみんな頭良く見えますね。
構内から吹いてくる風に当たるだけでIQが少し上がるような気までします。
ぼくは学歴コンプレックスの塊なのです。

それはそうとして、そこで運動してシャワー浴びて21時。
帰りは不忍通りから根津の方へ向かって、上野公園の噴水広場で
コーヒーでも飲もうと思ったら21時で店が閉店していましたので、
広場に腰を下ろして休憩。
中秋の名月ということで月を見ましたが、朧月でしたね。
東京藝大のところを抜けて、団子坂下を右折して西日暮里の方へ行くと、
古書ほうろうという古書店があって、
店内をゆっくり回って少し立ち読みして、22時に帰宅。
家で白ワインを少し飲んだり、コーヒーを淹れたりして、
とてもよい夜でした。あと、東京ってすげえなと思いました。
https://www.instagram.com/p/BKYUfTngXIM/

夏がおわた。

夏休みは9連休だったのですが、予定はとくになく、
暇で、ずいぶんと長く感じられました。
11月に文学フリマがあるので小説でも書けばよいのですが、
そういう気分にもなれず、日々Youtubeを見たりしてすごしました。
友人を家に招いて遊んだりしました。

三十代中盤の男が、暇すぎてあっち向いてホイをしたりしました。

連休明けは台風も来ていて、調子が出ないまま、
1週間を過ごしました。24日(水)は、
第35回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊りへ行きました。
毎年、東雲さんがいってらっしゃっておもしろそうだと思っていたのです。

この盆踊りは本当によかったです。
観てよし、聴いてよし、踊ってよし。
首都高の高架下での大規模な盆踊りライブでした。
ケバブサンドを食べ、ビールと酎ハイを飲んで、
東雲さんの踊りを真似て、よい気分で踊りました。

そんで、昨日あたり急に冷えてきて、
夏が終わったと思ったと同時に、風邪をひきました。
鼻の奥というか喉が炎症を起こしているようで痛いです。

また台風も来ていますし、眠いですし。
ところで、肉詰めピーマンを作ったら、おいしくできました。
https://www.instagram.com/p/BJpUjhbheys/


いろいろと考えるところがあります。

どのように生きたいのか、そういうのって、
お茶碗を洗ったり、洗濯物を畳んだりしていると忘れるものですね。
下半期に入る前に、立ち止まって、よく考えて、
計画を立てようと思います。

『酒とバカの日々』を読んだ。バカが足りてない。

うまいものを食べようと思って、
駒込・巣鴨エリアのよさそうな飲食店を開拓しています。
で、どこもうまくて「東京ってすげえな」と思っています。
横浜に住んでいたときは、横浜と言っても丘の上の方で、
周辺に飲食店は少なく、食べログで最寄駅周辺を見ても、
最高得点がスターバックスだった時期もありまして、
「しーなくんって出身どこ?」と聞かれるたびに、
ぼくは横浜市民を名乗ってよいのかと不安になりながら、
「横浜です……」と答えていたものでした。

それにくらべると、こちらの飲食店の充実ぶりは大変なもので、
食べログで3.5以上の店がごろごろしており、
点が付いてない店であっても行ったらすごくうまかったり、
点は低いけど、やっぱりうまくて居心地がよかったりと、
とにかくうまいんですけど、どういうことですか。

それで、あそこの定食屋は行っておかなくてはとか、
あの寿司屋は安くてうまいらしいとか、
あの立ち飲み屋を見ておかなくてはと、
週の半分ぐらい外食をしていたら、お金がかなりかかりました。
考えないとなと思います。あと食べログにない店に行きたいです。


ところで、家から自転車で1分のところに図書館があり、
気に入ってよく行っています。書架を適当に眺めて、
気になった本を数冊取って閲覧するところへ持って行いき、
3時間ぐらい読みます。どの席もテーブルがあるのがよいのです。
あとクーラーがよく効いています。

酒とバカの日々 ― 赤塚不二夫的生き方のススメ

酒とバカの日々 ― 赤塚不二夫的生き方のススメ

赤塚不二夫さんの『酒とバカの日々』というエッセイを読みました。
よい店の見つけ方というか、よい店にしていく方法や、
行きつけの店の作り方、酒の飲み方と、飲んでいるのは酒だけではなく、
店のムードのようなものも一緒に飲んでいるのだということ、
飲みすぎて顔が猿の惑星みたいになってきたことなど。
お酒を通して、たくさんの人とつながって仲間ができて、
仲間内でバカな話をして、バカなことを実際にやって盛り上がって、
人間関係や会話の機微を学んだり、とにかく酒を飲めということでした。
タモリさんのデビュー当時のアイパッチに真ん中分けというスタイルや、
ネタも飲み仲間たちで考えて磨いていったそうです。

なんか、言っていることがとてもよくわかりました。
ぼくがいまもよく遊んでいるひとたち「へもいっ子クラブ」も、
もとはお酒の席でつながった仲間ですし、
目黒の居酒屋よしを中心に、いろんな話をしているうちに、
おもしろいひとが、おもしろいことをしたくて集まってきて、
おもしろいことが次々できていったように思います
(みんなデイリーポータルZとかに投稿していたし)。
「エクストリーム出社」という遊びが生まれたのも、
あまやんさんと湘南台で飲んで話していたときですし、
そう考えるとですね、最近、飲んではいるので、
酒とバカの日々の「酒」の方は足りているのですが、
「バカ」が足りてないなと思ったのでした。
バカと言っても、くだらない話をすればよいというのではなくて、
集団の変性意識から出るクリエイティブなことなんだろうなと思います。

あと、これには場所が重要なのでしょうね。
みんなが気軽に集まれていつでも入れる場所というのが、
そういう空間(酒場)を行きつけとして、
持っておくことなんだろうなと思いました。
飲んで話してアイデアが出て、異様に高揚して、
実現できる!とそのときだけでも本気で信じられることが、
いま思うと意外と大事だったんだなと思います。
お酒飲んで変な勢いがつかないと、リアル桃鉄とかエクストリーム出社とか、
そういうちょっと狂気的なことって、会議室からは出てこないと思うんです。
冷静になってしまうから。

あとはまあ、場所があっても、
仲間たちがみんな結婚して子どもが生まれたりで、
時間がなくなってしまったし、バカなことをしている場合じゃないんですね。
ぼくも、いまからまたバカな方へ進む意味もよくわからないですし、
だからといって、他にすることがないんですよね。どうしよう。


よくわからなくなってきましたので、とりあえず寝ます。


https://www.instagram.com/p/BIzfM8zjyQl/

スーパーで買い物をする

よく行くスーパーは20時ぐらいだと空いていて、
ゆっくり買い物をすることができます。
「いまのおれは何腹だ?」
孤独のグルメでそんなセリフがありました。
空腹になった主人公が街で店を探すときに自らに問いかける。
これを真似して、スーパーに入りカゴを持ち、心を無にします。
「いまのおれは何腹だ?」
おれの体・脳は何を求めている?
カゴを持って野菜売り場から魚売り場へ。調味料、乾物、肉売り場へ。
カゴにはまだ何も入れない。食品とその値段を目に映しながら歩き、
心に浮かんでくる想念を観察します。

https://www.instagram.com/p/BICspWJDJD8/
こんなのとか、
https://www.instagram.com/p/BIFVhyODY7N/
こんなのとか、
https://www.instagram.com/p/BIH7XAZj343/

こんなのになりました。
うまかったです。


ところで、会社の近くに住んでいると、
駅周辺の繁華街で飲んだ帰り(23時とか)に、
会社に向かって歩くことになります。
そうすると、23時まで働いてテンションの下がった同僚と、
酔っ払ってテンションの高いごきげん状態で対面することになります。
はずかしいのですが、これまでに3回ほどありました。
こういうときは、できるだけ真面目な顔をするようにしています。