小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



秋の日

昼の1時に起きて、バイクに乗って
セルフのガソリンスタンドへ行きました。
ガソリンを入れて、タイヤに空気を入れて家に帰り、
バケツに水を張って、濡らしたスポンジで車体をきれいにしました。


きれいになったバイクでauショップへ行き、
音が聞こえなくなった携帯を修理に出して、代替機を借りました。
家に帰ると4時過ぎでした。冷蔵庫にザクロジュースの素があったので、
ハイボールエキスを混ぜて炭酸を入れてみました。
臭みが消えて飲みやすくなりましたよ。


5時になったので、電車で六本木へ。
オガワさんのライブを観に行きました。
六本木の外国人の多さには緊張します。


東京メトロの出口を抜けて、周辺地図の看板を見ようとしたら、
サングラスで短髪でヒゲの恐い兄さんと、
ガッチリ目が合ってしまいました。
「や、や、これはまずい」
とすぐに目をそらしたのですが、
恐い兄さんは僕の肩にガッと触れてきました。
「うわっ!」
と身を引いて、適当な方角に逃がれようと歩き始めたら、
「しいなくん!」
と呼ばれ、振り返りよく見ると会社のMさんでした。


僕は休日にメガネをかけない主義なので、
そのためハッキリ見えなかったのと、
六本木の緊張感が、Mさんを恐い人に見せたのですね。



満員で緊張しましたが、ライブは楽しかったです。
オガワさんのお客さんとの間合いの取り方を見習いたいと思いました。
歌を聞きたいとか演奏を聞きたいというのもありますが、
僕の中ではオガワさんの様子を見たいというのが大きいです。


その後、品川駅の立食屋でカレーを食べて帰りました。
充実した秋の第1日目といった感じになりました。