小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



部屋探し

雨でバイクに乗れないし、することもありません。
部屋探しに、電車で田園調布へ行きました。
田園調布、まさかあそこまで
デンエンチョーフなことになっていたとは。


下調べをひとつもしなかったけれども、
駅前にエイブルとかアパマンショップとかあるだろうなと思ったら、
駅を出ていきなり閑静な超高級住宅街。あんな駅前があってよいのだろうか。
不動産屋も居酒屋も牛丼屋もない。とんでもない。


大きな一軒家ばかりが並んで、借りれるようなマンションはありません。
街全体が団結して統一した「デンエンチョーフ」を打ち出して、
僕のような日陰者の息の根を、全力で止めにかかってくるのでして、
僕はそのプレッシャーに腰を抜かしました。


腰を抜かしたまま、へっぽこおじさんのモーションで多摩川方面へ逃れ、
川沿いを歩き、等々力駅から目黒へ。


もうこうなったら目黒がいいという気になり、
不動産屋に入り、目黒周辺でバイク置き場のある場所を
管理費込みで月9万円以内で探しておりますというと、
おねえさんはとても丁寧な言葉でしたが、


「目黒でバイク置き場で9万?はぁ?おととい来やがれでございます」


ということを直脳でダイレクトインしてきました。
1時間かけて見つからず、「でしょ」と「ですよね」な空気になり、
現在大ブームの"なめ猫"キャッチフレーズで言うところの


「なめんなよ」


全身に受けて、


「ああ、金持ちになりてえ」


と呟いて小雨の中、傘をささずに帰りました。ああ、金が欲しい。


腐るほどの金が欲しい!!