小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



僕以外全員生き残りました。

社員旅行の飲み会では、
「皆にカッパカパ飲ませて、最終的に僕だけ生き残ろうと思います。」
と書きましたが、最終的に僕以外全員生き残りました。


ハイボールを夕食後に2杯、温泉入って2杯、
カラオケして2杯、将棋指しながら2杯、しみじみと2、3杯。
午前3時頃、みんなのゴルフと、みんなのテニスをしていたときは、
楽しかったのですが、急に眠くなって
一足先にベッドに入って、軽くうなされて起きたら、
頭が痛いし気持ちわるくて、
僕はウイスキーが苦手だったことを思い出しました。


朝食の席にはつきました。お茶と焼のりを食べました。


「しいなさんが、しんでる」
「しいな、大丈夫か?」


と言われて、本当に皆さんお元気ですね。
温泉に入って顔を剃って、誰もいなかったので、
湯船を3往復泳いで出たら、少し楽になりました。


気持ちわるめで京急線で横浜へ。みんなでボウリング。


解散後、しいなを改造するという話になり、
デパートへシャツを見に行くことになりました。
センスのよいシャツを見立ててくれるそうなのですが、
10人で各フロアをずらずら見て歩くというのは、異様な光景でした。


同僚の女子に
「これはどうですか?」
と言われて値札を見ると、4万とか3万とかで、
「ははは……」
となりました。最終的に緑色の素敵なシャツがあり、
これが1万3千円。
「これはいいですね、値段も手ごろですし」
と僕が言うと、
「しいなさん、4万のシャツを見て金銭感覚が麻痺してるんですよ、落ち着いて」
「無理しないでよく考えて」
と抑えられ、皆さんも僕も何がなんだか分からなくなり、
何も買わずに解散になりました。
セールになるのを待とうと思います。


京急線で網棚の上に乗せたうなぎパイを落として
座っていた人の膝に当ててしまいました。
ごめんなさい。