小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



それを本業にすればよい

会社の真ん前でマンションが建築中で、
入居者を募集しているのですが、
ひと月10万円というのは、手が出ません。


しかし、会社の前に住んだら、通勤時間が徒歩1分になるので、
ずいぶん生活が変わります。


朝は11時までに会社に行けばいいので、
10時45分まで寝ていられますし、通勤のストレスもありません。
昼休みはいったん帰って、炊飯器からご飯をよそって食べて、
目覚ましをセットして、ふとんを敷いて45分眠ることができる。
週末は横浜の家に帰ってバイクに乗る。素晴らしい!


でもあれですね、月10万でも、
考えようによっては、なんとかなるかもしれません。
1日3時間浮くのだから、ひと月で約75時間。
この75時間で、月に10万円の価値を生み出せばいいのです。


たとえば、75時間。
すぐ横のローソンで時給900円でアルバイトをすれば、6万円になる。
そうすれば会社からの補助をプラスして、なんとかなるのです。
しかし、これだといつも吊革につかまってボーっとしている時間中、
レジを打ったり、お弁当を温めたり忙しく動き回らないといけないので、
かえって疲れてしまいます。


そうなると、もっと楽で、
もっと儲かる仕事をしないと意味がないのですが、
そんな仕事があったら、




それを本業にすればいいと思います。




となると、本業がそれになるので、目黒の会社に行く必要がなくなり、
会社近くの月10万円のマンションに住む必要がなくなるわけだから、
結局、なんだ、どうなるのだ。
完全に分からなくなりました。


いや、アルバイトしなくてもいい方法がありました。
入籍すると、会社から補助金が多めにもらえるのです。
どなたか、僕と入籍しませんか。