小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



いや、やっぱりさみしいです。

飲みに出るタイミングを逸して、
22時の目黒を誰か探してうろつきました。


しかし、だれも見つからず、しかたない大人しく帰ろうと
山手線のホームまで行ってはみたものの、
どうも物足りず、喉が渇いたし、やはり軽く飲んで帰りたいと、
僕のペラペラなアドレス帳から何人かの方にメールを出しましたが、
どなたもつかまりませんでした。


ひとりで居酒屋「よし」へ行って、
やけに繁盛していてテーブルは埋まって、カウンターでひとり。
生ビール2杯、枝豆を食べながら本を読んで帰りました。
こういうのもいいかもしれないです。


いや、やっぱりさみしいです。