小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



よくないアルコールを飲みすぎた。

頭が痛くて気持ちが悪い。だめだ。
これは本格的にだめなんだ。


どのように帰ってきたのかも、断片的な記憶しなかんく、
自室のマットレスの上で目覚めたのですが、
鞄はどうした!?
と這って顔だけ出して玄関を見たらありましたが、
頭がガンガンしてたまらん。


ケータイのデータフォルダを見ると写真があって、
撮影時刻を見ていくと、記憶が少しずつ明るくなっていきました。



22時25分:某居酒屋


おでんです。コース料理と飲み放題セット3500円で、
10人で飲んでいたとき撮影した写真で、
こんな写真を撮っていることからも分かるように、
このときから少し危なかった。
生ビール大を5、6杯。しかし、このビールは本当にビールなのか?
発泡酒なのか、第3のビールなのか、メチルアルコールにビール味の
何かを入れただけのものなのか、というような代物で、
だったらそんなに飲むなよと言われれば、
「……ですよね」
としか言えませんが、とにかくこのビールが
悪酔いの原因」だったように思います。



01時25分:桜木町


いつ店を出たのか忘れましたが、終電はあったはず。
そうだ、たしか快速であと1駅のところで、猛烈にトイレに行きたくなり、
横浜駅で下車したのだ。清算したとき後で酔った女の人が駅員さんに、
「電車がなくなっちゃったら、私、どうすればいいですかー!?」
と絡んでいて、
「歩いて帰ればいいじゃん」
と思ったのを覚えています。
それで僕は桜木町まで歩いてきたんです。



1時43分:親子丼


これは驚いた。親子丼食べてた。
で、このあと写真もないのでよく分からないのですが、
鎌倉街道沿いに、鉄棒や砂場とか子供の遊び場がある神社があって、
そこの滑り台が、寝るのに素晴らしい角度で存在していて、
僕はそこにすっぽり納まって寝てたんです。


はっと目覚めると、全身がガクガク震える。寒い。
なんと滑り台のステンレスが、
見事に放熱板の役割を果たして、
僕の体温をチルドなことにしていたのです。


砂だらけになっていた鞄を持って歩き出したのですが、
ヒットポイントが8ほどになっていて、
平常時だったらリビングデッドを、1撃で倒せるのですが、
今はドラキーも倒せませんし、毒で歩けません。


誰か助けて!!どうしよう!


と吐いたり座ったりしていたら、タクシーがあったので、
乗って帰りました。最初からそうするべきだったのです。


苦しんで苦しんで、地獄みたいになって、
体勢を変えて昼の3時半まで寝て、
少しだけ虫レベルで動けるようになりました。


もう酒なんて見たくもない!