小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



中村航先生からの「暑中見舞い」

夕刊と一緒に郵便がきていて、
見たら、中村航先生からの「暑中見舞い」でした!
これは「夏休み200字読書感想文コンクール」というのがあって、
応募すると暑中見舞いがもらえるのですが、
直筆のお葉書で感激しました。


しかも、感想文が特別賞に入賞したとのことで、
プレゼントを送っていただけるとのこと、
本当にありがとうございます。
さらに、のけぞってしまったのは、


「○○(居酒屋の名前)行くときは、ごれんらくを!」


と書いてあって、その居酒屋へ行ったときのことを
僕が日記に書いたことにふれて、
メッセージをくださったのです。すごい!


昨日発売された『絶対、最強の恋のうた』の、
その1をさっき読み終わったところなのですが、
滅茶苦茶おもしろいです。
浪人で河合塾に1年通っていた僕は、
心の底から笑いが込み上げてくるのでして、
中村航さんのリズムとムードが、最初からビシビシ決まって、最高です。
作品中の「理系頭わるいチーム」。
そういった分類は、確実にありましたし、僕はその中にいました。


なんでこんなに、ツボにはまるのでしょうか。