小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



モテないチーム

先週の金曜日に、モテないチームで酒を飲みました。
メンバーは、Kさん、Sくん、イガラシイッセイと、僕の4名。
あ、イガラシイッセイの本名を書いてしまいました。


最初の話題は、最近の業務についてという、
当たり障りのない内容で滑り出しましたが、
モテないチームのチームリーダーのKさんの中ジョッキが、
杯を重ねるにつれ、話は核心に向かっていきました。


何が問題でモテないのか、どうすればいいのか、
場は中盤から、Kさんのネガティブ独(毒)演会の様相を呈し、
イガラシイッセイとSくんは、サイレントを決め込み、僕はもう、
モテなくていいと思えてきました。そう、モテなくていいじゃないか。


モテるモテないとか、そういうことではなく、
これからは、子供たちの未来、世界平和のことを考え、
生きとし生けるものの願いがかなえられ、
すべてに調和が訪れるようになること。
宇宙との一体化。ただただ、それだけを敬虔に願い、
使命に従って生をまっとうしたい。



そういえば、自慢ですが、
僕は数年前、タレントの内藤陽子さんに、
「好みです」と言われたことがあります。
唐沢俊一さんのページ、以下抜粋。

レギュラーブレーンの内藤陽子ちゃんは彼女とはまるで正反対に、
頼りなげなオタク男が大の好み、という変わった
(と言っちゃいけない、まことにありがたい)女性で、
ことに椎名くんがチョーお気に入りらしい。
この椎名くんが、まさに対人コミュニケーション技術が不自由な
工学系オタクの典型であり、岡田さん曰く
“メモリーユニットを抜き取られているHALみたいなしゃべりかたをする”。
そういうところもまた“かわいー!”とのことで、
わざわざ収録終わった後でもいろいろ話していた。


そうそう、ミステリーハンター川幡由佳さんも、
このページに書き込みしてくれたことがあったのだ。


ははははは!さらば、モテないチームよ!


と思いましたが、
おもしろがられることと、モテることはまったく性質が違う。
しかも随分、昔の話でした。
昔のことを掘り出してくる辺り、いやらしい、僕。


おやすみなさい。