小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



10年前から同じことばかり書いてる。

先輩にお借りした「御先祖様万々歳!」と、
「おたくのビデオ」「続・おたくのビデオ」のDVDを見終わったら、
朝5時になっていました。おもしろかったです。
特に「御先祖様万々歳!」は、隅々までカッコよすぎて、
たまりませんでした。


おもしろいものを作りたいです。
生きているうちに、自分がいちばん喜んで踊りだしたくなるような、
何度も見返してしまうような作品をひとつ作れたら、
最高だなあと思います。


と思って、ずっとメモを書き続けているのですが、
見返してみると、いかにして創作に臨むべきかという
心構えや方法ばかり書いてあって、
具体的な創作内容に関することが、ひとつも書かれていませんでした。
しかも、10年前から同じことばかり書いてる。


たまに具体的なことがありますが、短くて何が言いたかったのか。

2003/07/08
「デジャヴだらけ、言い間違いだらけの劇」

2001/11/27
「かっぱちゃん・てんぐちゃんトーク」


「かっぱちゃん・てんぐちゃんトーク」ってなんだ。
「デジャヴだらけ、言い間違いだらけの劇」は、
登場人物がデジャブで「あれ?」となるたびに、
いちいち場面が転換して、それに関連するエピソードが出て、
本筋のストーリーが一向に前進せず、
また台詞が言い間違いだらけで、意味が分からないけれども、
デジャブと言い間違いが、重なり続けていくと、
逆に、本質的なことが伝わってくる、
という構造の物語を作りたいと思ったのです。

2002/02/07
「結局、監督の仕事っていうのは、場面と場面の間の
つなぎを工夫することなんだよ(黒澤明)」

????/??/??
「これはどうしても映画にしたいんだっていうのを
一つでも二つでもいいから絶えず持っておくことです。(黒澤明)」