小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ただ、寿司と言ってみたかっただけ

髪の毛が、もじゃもじゃになって跳ね上がって、
どうしよう。
年とともに、もじゃもじゃ具合がひどくなっている気がします。寿司。


寿司が食べたいわけではありません。
ただ、寿司と言ってみたかっただけです。


妹に


「あんたの頭、煙みたいになってるよ」


と言われました。
鏡で見たら、たしかにもじゃもじゃで、
煙が上がっているようになっていましたが、煙ってすごいな。


帰りの横須賀線で立っていたら、
前のシートは全員グレーのコートのおじさん4人で、
ぎゅうぎゅうで皆、肩をすぼめて目を閉じていました。
前に座ってたおじさんは、たまに目を開けて、両足と腕を閉めたまま、
器用に缶チューハイを口の前まで移動させ、すすり飲んで、
また目を閉じました。


おやすみなさい。