小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



オカンダと話をすると、決まって体調不良に

髪形が変わって会社に行ったのですが、
「なかなかよいのではないか」
という反応で、よかったです。


日曜の昼、近所の友人オカンダと会って話をしました。
オカンダと話をすると、決まって体調不良になります。
オカンダも同様で、頭痛薬を持ってきて、
会話の途中で1錠飲んでいました。


小学生の頃から遊んでいるので、
今でも「遊べますか?」というメールが来て、
「はい、遊べます」みたいに答えるところが、なんかすごい。
成人してからは、約4ヶ月に1度くらいで会って、
目的地も決めずに歩きながら、7時間くらい話し続けるのです。


何を話すのかというと「最近、おもしろかったこと」についてです。
オカンダが、音楽、本、ゲーム、お笑い、テレビについて、
CDやら本を出して、僕に聴かせたり、読ませたり、
説明したりするのです、歩きながら。
それで「何がおもしろい原因なのか」を考えていくのです。


毎回、話に出てくるのは「佐藤雅彦」の話で、
佐藤雅彦氏の広告の仕事をまとめた『佐藤雅彦全仕事』は、すごい。
本に書かれている「ルール」と「トーン」という概念。
「おもしろい原因」は、複数の「ルール(全体を構成する形式)」と
「トーン(全体の雰囲気的なもの)」で解釈できるのです。


しかし、なぜこの「トーン」が人間を本能的に引き付けるのか、
そこに話が及んでいくと、どうも僕もオカンダも、
おそろしくなって、具合が悪くなるのです。


佐藤雅彦全仕事 (広告批評の別冊 (8))

佐藤雅彦全仕事 (広告批評の別冊 (8))