小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



大金持ちしか手にすることができないという

昨日の日記に、僕の部屋が寒くて、
体の芯まで冷えて目覚めるので、なんとかしてください
と書いたところ、日本全国から
「しいなさん、こうしたら温かいですよ!」というメッセージが
たくさん来るかと思ったのですが、ひとつも来なかったので、


電気じゅうたんを布団の下に敷いたりして、
「こでをこうすでば、おでのへやもあったがくなるのでば」
と呟きながら、試行錯誤して、電気あんかが納戸にありましたので、
ところで、「あんか」って「行火」て書くのですね。
「あんか」って何か分からなかったのですが、
こういうものだったのですね。


電気あんかを布団の中にいれ、スイッチを「中」にして、
いや順番が違った、
スイッチを「中」にしてから、電気あんかを布団の中にいれました。
(細かいところにこだわるところがえらい)。
電気じゅうたんは「2」にして寝たら、布団の中が、
たいへんハッピーな状態になり、朝も震えないで起きれました。
どうもありがとう!


それで、あれだ、


なんだっけ、


まあいいや、おやすみなさい。


あ、先日の健康診断の結果ですが、オール「A」でした。
視力だけ「B」でした。となると、オール「A」ではないのか。



そしてこれが、
大金持ちしか手にすることができないという「電気あんか」で、
850万円もしました。そして下に敷かれているのが、
大金持ちしか手にすることができないという「電気じゅうたん」で、
こちらも850万円しました。


そして写真の下に写り込んでいるのが、我輩の足である。
今日はこの指の形状だけを、しっかり覚えて帰ってください。