小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



どこも同じ話ばかりではないか。

レストランに入っても、居酒屋に入っても、
聞こえてくる知らない人たちの会話は、まったく同じ話。同じ構造。


企画、営業、開発がどうの
仕事がどうの、コストに品質、納期がどうの
あいつはスゴい、あいつはダメだ
彼氏彼女に恋愛、結婚、家に車にローンや何やら
服に時計に髪にケータイ、ボケとツッコミ
ドラマとお笑い、Yahoo!ニュースに、エロ、健康
永遠と繰り返される、これら虚構の虚構の生活圏の話は、
もう、もう、どうでもいいのですよ。


しかし、生活するということは、
こういう世界にどっぷり浸かることでして、
それが嫌でも、人間であるからには
生活をしないといけないので、
この本質・宇宙からかけ離れたところで、
がっつり強制労働をすることになるのです。


この生活と宇宙の間で、もがき苦しむことが、
「へもい」ということなのです。きっと。