小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



近所に本格インドカレー

昨晩は送別会で飲み過ぎたようで、
お風呂に入らずに寝てしまったので、
朝から風呂屋へ行ってサウナに入って、
汗出してお酒を抜いて(抜けるのでしょうか)、
露天風呂で空を見上げて「はあー」なんて言いました。
天気がよくて、風が強くて雲がどんどん動いていきました。


さっぱりして、歩いて帰る途中、
「本格インドカレーの店」という看板があって、
民家のような造りなので、いつも入るか入らないか迷って、
1年ぐらい入らなかったのですが、
気分がよくなっていたので、入ってみました。


お店は、外から見ると狭そうでしたが、
中は広々としていて、空いていて、清潔な感じでした。
チキンカレーとライス、タンドリーチキンとラッシーを頼みました。
厨房でインド人らしき人がカレーを作っていました。
カレーを運んだり、レジをうつ女性もインドの人っぽかったです。


カレーが、非常においしくて驚きました。
本格インドカレーでした。
何をもって「本格」としているのか分かりませんが、
これは、本格だなと思いました。


この辺りは、僕の卒業した公立高校があるだけで、
店が立ち並ぶような場所ではないので、
余計に驚きました。こんなところになぜ、
ぽつんと本格インドカレーの店が。
穴場を見つけた気分で、うれしくなりました。


休日は、朝から風呂屋へ行って、昼はここのカレーを食べる。
これがひとつのパターンになりそうです。