宇宙に「生きろ」と言われている



前の日記に、全体のことを考える例として、
重たいものを10人で運ぶようなことで、

レベル1のヒトは、サボる。
レベル2のヒトは、隣のヒトがサボっていたらサボる。
レベル3のヒトは、サボっているのを見てもサボらない。
レベル4のヒトは、サボっているヒトの犠牲になって頑張る。


と書きましたが、もっとレベルが高い人は、
自己犠牲とか、そういったことは考えてないな。
本人がやりたいと思ってやっていて、
犠牲や義務といったネガティブな要素は皆無で、
周囲に関係なく全力を出している。


それでも重たいものを運ぶのに、最低限必要な人数に満たないとき、
レベルの高い人は、レベルの低いサボっている人に影響を与えて、
レベルを上げて、皆で成し遂げてしまうのだな。


人のレベルを上げるというのは、すごいな。
人を変えることはできないと思いますが、
アフォーダンスっていうのでしょうか、
ピタリとはまったらもう絶対に外れないような、
自然に定着する概念を、相手に与えることだと思います。
それは説教臭いものでもなく、簡単に語れるものでもなく、
無意識から無意識に転移していくものだと思います。
力で変えようとしても、すぐにもとに戻る。


生き物は進化していくから、適者生存というか、
レベルの高い人は残して、レベルの低い人は淘汰されるように、
できているのだと思います。だからレベルの高い人には、
連鎖的にどんどんエネルギーが集まって、その様子は、
宇宙に「生きろ」と言われているように見えます。
だからすごい仕事を成し遂げられるのだろうな。


でもすごい仕事といっても、1万年もしたら、
誰も覚えていないだろうから、
「今」やりたいと思っていることをやるのがよくて、
やりたいことというのは自らの快感で、
自らの快感は、人々の快感と同じで、
人数が多ければ多いほど気持ちのよいものだろうな。
それを強く強く願ってやっていけば、いいのだな。