小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



日常生活でタックルをする機会

痩せたくてジムで運動をしているわけではないのですが、
体重が3キロも減ってしまいました。
ただでさえ健康診断で「痩せている」という理由で「C」の判定を
出されているので、これ以上痩せたらよくない。


ということで、プロテインを飲むと体重が増えると聞いたので、
近所のイトーヨーカドーで、何種類かあるうちのひとつ、
いちばん効きそうなやつを、あまり確認せず買って帰ったのですが、
家でラベルを見て愕然としました。

からだを大きくしたいアスリートに


僕は仕事のことを日記にあまり書かないから、
勘違いしてしまう人がいるかもしれないので、念のため言っておくと、
僕の職業は「運動選手」ではありません。
プロテインの詳細を読むと、

ラグビーなどのコンタクトスポーツを行う
アスリートのためのウエイトアップ用プロテインです。


どうすればいいのだ。
日常生活でタックルをする機会なんてない。

  • 満員電車に、タックルで乗り込む。
  • 玉子屋の弁当を買うとき、タックルで行列に入る。
  • 筋肉を駆使して、プログラミング。タックルでバグを消す。
  • PCをタックルでシャットダウン。
  • 調子の悪いサーバーにタックルして、正常に戻す。


まあ、いいや。
夏には、どんなことになるか。