ホントどーでもいいことなんすけど、いいっすか?




マネジメント発明したピータードラッカーさんの本なんすけど、
『プロフェッショナルの条件』っつー本、あるじゃないっすか。


キョージュがドラッカー読めっつーから、
オレ、ガッコーで読んでたんすけど、
「ナルホド」とか「そうだよな、わかるわかる」とか思っても、
正直、心骨には来てなかったんすよね。
そんで、カイシャ入ってからも、たまにめくってたんすけど、
「当然のことだよな」とか超エラソーなこと思ってたんすよ。


ドラッカーさんの超神なセリフで、
「成果の上がらない者ほど仕事に時間をかけている」とか
「汝の時間を知れ」とか、軽くうぜーって思ってたんすけど、
ホント、最近、超分かるんすよ。


これってオレの人生の残り時間っつーんすか?
そーいうのの限界っつーのかな、見えてきたなっつー。
ぶっちゃけ、寿命なんすけど。
時間と金、リソースを選択・集中して、強みを生かしてやるっつーのが、
オレにとってもカイシャにとっても、うちゅーにとってもマジ響くんすよ。


もしっすよ、神な経営者が来て、
部門も関連会社も垣根全部ぶっ壊して、
プロセスアプローチで最適化したら、たいていの企業は、
仕事も社員も激減するんじゃないっすか?
最近、花王さんの本読んだんすけど、花王さんの和歌山工場、
1500万個の石鹸を何人の従業員で生産していると思います?


ふたりっすよ。


どんだけ、現代の人間が無駄な時間を過ごしているかってことっすよ。


ストレスとか人生つまらねーとか不平不満って、
自業自得っすよ、自ら進んで地獄に行ってるんすよ。
なぜなら「善」じゃないからっすよ。
シェリングさんの「善」ってそういうことじゃないんすか?


ヤキいれられて、マジトーゼンっすよ!


しっかし、やっぱ、あれっすわ。
ドラッカーさんには、頭上がらねえっすわ。


もう支離滅裂っすわ。