石井さんの星占い



石井ゆかりさんのブログに、
「第二回リアル桃鉄」を読んで、

机叩いて爆笑した


と書いてあったのを拝見して、うれしくなって、
「第三回をやりました」という報告をしました。


石井さんは星占いのサイトをされていて、
僕は占いにあまり関心がなかったのですが、
自分の星座(水瓶座)の部分を読んで、「占いってすごいな」と思いました。


また、『星栞』という2007年の下半期の星占いを、
まとめた本を出されているということでしたので、
本屋で買ってきて、自分のところを読みました。
思い当たることがいくつもあり、
それについて肯定的なことが書いてあったので、とても癒されました。


でも、変な見方をすれば、思い当たることは、
他の星座のところを読んでも、けっこうあるとも思うのです。
しかし、僕が思うのは、そういう思い当たることは、
それを読むまで隠れていたということで、
占いは、その隠れていたこと、
例えば、時間が経ち過ぎて、忘れてしまっていた大切なことや、
日常で習慣になって気付かなくなっていた問題のようなことを
明るみに出し、改めてきちんと考える機会を与えてくれる
効果があると思うのです。


たくさんの「気づき」と、
ここ数年間や、現在の自分が置かれている状況に、
新しい視点と、ポジティブな推進力を与えてくれました。
ありがとうございます。


星栞―2007年下半期の星占い (yukarimansion (4))

星栞―2007年下半期の星占い (yukarimansion (4))

  • - -


星占いは、星座から未来を予想し、
行動の指針を与えますが、
リアル桃鉄は、サイコロの目が行動を決めるという点で、
なんとなく似ている気がしました。


すべてのこと(食パンを買う、砂を集めるなど)に、
ポジティブな意味があると信じれば、生活に質感が出る。
そのきっかけに、占いやサイコロが必要なのではないでしょうか。


リアル桃鉄のプロセスを、楽しんでくれる人たちが、
たくさんいるというのは、サイコロは、トータルで吉に至る行動を、
試練として与えてくれたのではないか、と思うのです。
しかしながら、


じゃあ、罰ゲームのデーモンメイクはどうなんだ。


と問われれば、それは重過ぎる試練なので、
何とも言えません。