コンタクトにしたらモテる、と思ったら大間違いである



昨日の夜、暑くて何度も目が覚めて、
腹が立ったので、扇風機とエアコンをつけて寝たら、
終日、右耳の奥で、ごごごごごという音がして、いやでした。


コンタクトレンズをつけて2日間生活したのですが、
誰も何も言わない。あれ?メガネどうしたんですか?
とか言われた場合、


「恥ずかしながら、コンタクトにして、モテようと思いました」


という回答を用意していたのに、言う機会ゼロでした
(コンタクトにしたらモテる、と思ったら大間違いである)。


僕は乱視なのですが、乱視もまたいいと思います。
夜空の月が5個広がって輝いて、得した気分になりますし、
特に、雨の上がった直後の深夜の街は、
車のヘッドライトが路面に反射したのと、
ライト自体が爆発的に乱れ輝いて、わくわくするくらい美しくて、
エレクトリックパレードみたくなるのです。


乱視用のコンタクトレンズには、上下があるのですが、
この上下が、疲れてくるとよくズレるのです。
大きくズレると、月が5個のところが、15個に増えて見える、
スペシャル・タイムに移行し、
さらに、ピントを意識的に外すと、万華鏡のようになって、
なんかもう、ほんとどうでもよくなってきます。


ものの見え方が、その人の性格の形成に、
関係あるのではないかと思いました。