夜の浜離宮恩賜庭園へ



会社の後輩の、サクちゃんとハジメくんによる
漫才ユニット「カイシャインズ」のM1グランプリ予選が、
早ければあと半月後に迫ってきました。


「ネタは任せてください」と言ったのは僕ですが、
まだ台本が書けません。どうしよう。
この土・日で必ず書くと約束しました。

  • - -


微熱が続いて、頭が痛くなってきたので、
ハジメくんの飲み会を欠席して帰りました。


家に帰るつもりだったのですが、途中、
無性に夜の浜離宮恩賜庭園へ行きたくなってきて、
庭園で月光を浴びれば、この原因不明の微熱が消えるのではないかという、
根拠のない期待が、頭から払えなくなってしまったので、
自分でも馬鹿げていると思いながら、
ふらふらと浜離宮へ足を向けました。すみません。


浜離宮は、みんな小さな声でひそひそ話して、
静かでした。熱で耳がぽーっとしていたからかもしれません。
砂利道をじゃりじゃり歩いて、庭園は、
なんともぼんやりして、しっとりしていました。




 

小さな屋台が一軒だけあって(下の写真)、
そこで、ビールと揚げたこ焼きを買いました。
両手に持って歩き出すと、店のおじさんが「お客さん、お釣り!」といって、
忘れた二百円を持ってきて、たこ焼きの箱に乗せてくれました。

園内に自由に入れる芝生があって、そこに座って、
大きな池の上を吹いてくる風を受けて、脱力していたら、
雲が動いて月が見えました。



ぶれてしまっていますが、
乱視でこう見えているので、これでいいです。
頭の痛いのは治まりましたが、やはり体は重いままでした。


原因不明の微熱と書きましたが、
ただの、しつこい風邪だと思います。