小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



全て「おままごと」であること

長期休暇は、健全な人々には心と体を癒す薬になるが、
ネガティブな者には、毒薬になることがある。


何かしないといけないと思いつつ、何もできなかったとなると、
「せっかくの休みを活用することができなかった」
と後悔し落ち込む。


その後悔が怖いから、日中は美術館、銀行、
教習所、美容室、買い物、歯医者、ジム等、
あちこち躁状態で駆け巡り、夜は当てもなく外を彷徨い、
立ち飲み屋で時間を潰して帰ってくる。


「ああ、疲れた。しかし充実した日を送ることができた」


などと虚像で心の隙間を埋め、
日々をやり過ごすのも2、3日が限界。
雨が降り、金がなくなり、持ち玉が無くなると、
せわしなく動いたツケが回ってくる。虚像がボロボロと崩れ、
その残骸が惨めさを際立たせ、神経に重く圧し掛かってくる。
初めから分っていたのだ。自分の行動が
全て「おままごと」であることは。


本を1頁めくる気力もなくなり、内にはまり込む。


私の苦しみは、生活というシステムを運営する自律神経が、
失調していることからきている。人体の自律神経は、
意識をしなくても呼吸等ができるように働いている。
健全な人は、呼吸するように無意識に生活を送る。


なぜ宇宙は、私を生活的過呼吸のようにして、苦しめるのか。
苦しめることで現実逃避をさせるのが目的だ。
いや、宇宙にとっては、健全な人々の現実こそ現実逃避。
要するに宇宙は、宇宙にとっての現実、つまり真理に、
私を向かわせているのだ。今の場所の居心地を悪くすることで、
誘導的に真理に進むよう仕向けている。


そして何かを掴めと伝えてくる。
掴んだものは、生きとし生けるものにとって、
効果を発揮するものだからそれを表現しろと。


しかし、何も掴めない。それがまた私を苦しめる。
苦しめても苦しめても、結局何も掴めず、宇宙の役に立てないのなら、
生の根本からくる苦しみで狂うか死ぬかしてしまえ、
それでも生き長らうことを望むなら、全部忘れて「おままごと」に没頭しろ。
そういうことなのだ。


なんつってな!

  • - -


先週、イガラシイッセイが同様の長期休暇の終盤で、
ネガティブなことを日記に書いて、人々を心配させていたので、
「例のやつがきたな、同じ過ちは犯すまい」
と思い、最後の「なんつってな!」で中和しときました。
連休は楽しい、あはははは。ワイン飲んで楽しい。
必要なのは「覚悟」なのだろうな。