小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



サトリマックスな状態

「あと千年もしたら、人類全員が悟って、地球は平和になって、
宇宙も真理も解明できていると思うので、ほっといていいと思います。」


と昨日の日記に書いたのですが、
人類全体が悟った世界って何だ
と思いましたので、寝ながら想像しました。


あれだな、みんな「魂」だけになってんのな。
体がなくなって、意識が空気中を飛んで、世界中を回るのよ。
「肉体はもう古い!効率的でない」ってなってな、
肉体の束縛から離れて、精神だけになるの。


肉体がないから、肉体を維持するために食べなくてよくなる。
「食べなくてよい」というのはすごいよ。
食べないといけないから、よくないのだ。
食べ物を買うためにお金を稼ぐ、より安心するために
お金を増やそうとする。お金をめぐって争いが起こる。
肉体がなくなって魂になれば、飢え死にする心配がないので、
カロリーもお金も不要になる。食欲はなくなる。


人類全員が悟った状態は、もうサトリマックスな状態なので、
これ以上進化する必要がない。だから、子孫も残さなくてよくなる。
子孫を残すのは何代にもわたって、長期的に人類のレベルを向上させて、
悟りに近付けていくためだとすると、もう天井まで来たのだから、
次とか考えなくていい。性欲もなくなる。


それからもう何も考えなくてよくなるし、
生まれるのと同時に、今で言う死んだ状態になって、
宇宙に漂うのだろうな。現代では、死んで宇宙に漂うようになったものに、
アクセスする技術がないから、死んだらおしまいみたいになってますが、
あれだと思うな、精神というか魂の長い一本の道路の途中で、
一時的にトンネルに入っている間が人間として生きている期間で、
生き死には過程にすぎないと思うのな。


まだ今、体があるのは、魂を鍛えるのが脳だからで、
脳を通過させることでレベルを上げてんのな。
トンネルの間で脳を使ってレベルを上げて、トンネルを出て、
また別のトンネルに入ってレベルを上げて、
というのを、ヒトも猫も犬も繰り返しているのではなかろうか。


で、何が言いたいかというと、


食欲も性欲も原始人的であって、
働いたり結婚している場合ではない!と叫んで、
ひと足お先に「魂」だけになるために、いったん死んどきます。


というわけではなく、
そういう視点で、ゴールはあそこで、自分はここで、
今は2007年で、こういう段階なのだと思うと、楽になりませんか。
こんなの正解も不正解もないのだから、
この僕説をひとりで狂信して、何かすごいプラシーボ効果的なアレが出たら、
おもしろいじゃないですか。


そうですか、そうでもないですか。

  • - -

それより、明日は社員証を忘れないように携帯します。