小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「猫生活の日」とします。

月から金まで、とても長く感じました。
頭がきりきり痛みます。家で風邪薬を飲みました。ビールも飲みました。
ぽーっとしてきたので、風呂に入って、頭と体をよく洗って、
それから乾燥させました。


サイズがひと回り大きいパジャマ着て、
線香焚いて、布団敷いて、好きな音楽を聞きながら、
硬い本を読みながら、ゆっくり眠くなってきて、そのまま寝ます。


ここ1か月の土・日は、早起きして自動車学校へ行っていたので、
学校のない休日は久しぶりです。
ぐうぐう寝て、過不足なく睡眠を取って中途半端に目覚めたときの、
夢と現実の間にいるような、あのなんとも言えない幸福感を、
毛布の中で、猫のように味わいたいと思います。


昼になったら外に出て、軽くパンでも食べて、
ビール飲んでぽーっとしていよう。ベンチに腰かけて、
柔らかい本を適当に眺めて、同じところを繰り返し読んだり、
飛ばしたり、戻ったり、忘れたり、
意味は残さないで、印象だけ残して、ふらふらしよう。


そのうち夕暮れになって、家でご飯食べて、
横たわってテレビの方を向いて、適当に笑って、
果物でも食べて、両手・両足、全身の力を抜いていよう。


ぐったり、ぐにゃぐにゃしたい。明日は「猫生活の日」とします。