小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



この店でいちばん強いお酒をください

女子とお酒を飲みました。飲み過ぎました。
終電がなくなって、深夜1時の戸塚駅から
歩いて帰ることに決めたのですが、方角が分りません。



途中、オリジン弁当で牡蠣フライを買って、
レジの人に「○○はこっちでよいですか?」と聞いたら、
まったく反対方向に歩いて来ていたことが分りました。
厨房からおばさんが顔を出して、詳しく道を教えてくれて、
優しさにじんわりしました。


飲み会で話をしている途中から、
「人生とは、愛とは何なのだろうか」という気分になって、
憂鬱になってきそうだったので、
「この店でいちばん強いお酒をください」と言ったら、
「メニューにはないのですが」とカクテルが出てきました。
それを飲んでも全然効いてこないので、
「これより強いのはありますか?」と聞いたら、
「ちょっとお待ちください、頑張ってみます」
75度のすごいのが出てきました。


頑張り過ぎです。さすがに強かったです。
MMKは、もういい気がしてきました。