小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



みや〜んさん送別会と、MMK計画終了。

会社の先輩、みや〜んさんの送別会でした。


みや〜んさんとはお仕事で関係したことはなかったのですが、
僕のMMK(モテてモテて困る)計画の理念となる名言を
くださった重要な人なのです。


その言葉が何かを具体的に申し上げることはできませんが、
とにかく、人を愛していけば、愛されていく
というようなことでした。


最近、バイオリズムが低下していまして、
送別会の会場は足の踏み場もない状態ですし、煙草臭くて、
はっきり言って「来なきゃよかった」と思ったのですが、
最後にみや〜んさんに感謝の意をお伝えできたので、
来てよかったと思いました。


そして思ったのですが、約1年間、
MMK計画としてモテについての研究を続けて、モテようとしてきましたが、
モテ師匠のみや〜んさんがお辞めになることですし、
もうこの辺りでMMK計画は終了にしようかと思いました。
結局、僕は、


モテたいわけじゃなかった


のです。
モテようとしていること自体がおもしろくて、
モテようとしている自分をネタにしていたのです。
そう僕は軽薄な、モテ道の風上にもおけない、
モテオタク(モテる技術に詳しいモテないオタク)だったのです。
クリスマスがどうのと申しておりましたが、今は何も感じません。


色即是空・空即是色。
照見五蘊皆空、度一切苦厄です。


来年は、まったく別のテーマで生活していこうと思います。
これからのテーマは「タモリ」です。
彼女とかはいりません。タモさんが鉄道や無線を愛するように、
自分の好きなコト・モノにすべてを注ぎ込んで、
タモさんみたいになりたいと思います。
最大のニートを目指します。