小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



今年のクリスマスプレゼント

「クリスマスを」と入力しようとしたら、
「くりすますお」とミスタイプしてしまい、
「栗須益男」という謎の男の名前が出てきて、ぎょっとしました。


誰なんだ、栗須益男。


そういえば、「星の王子様」と入力しようとしたら、
「ほしのおおじさま」とミスタイプして、
「星野大路」という男の名前が出てきたこともありました。


誰なんだ、星野大路。


ついでに話がそれますが、男女ふたりで
スーパーマリオギャラクシーやってるCM、むかつきますね。
なぐってやりたいですね、もちろんWiiの棒で。
カップルのソファーの背後から、鬼の形相でぬっと立ち上がってな。
「敵に気をつけて」なんて言ってる後ろから
「敵はここにおるぞ!!」と絶叫、馬岱ですよ。






それはそうとして、今日はクリスマスなので、
出社したらもしかしてプレゼントがあるのでは、
と思って出社したのですが、何もありませんでした。


と思っていたら、何だか忙しくて夜になって、
疲れたなあと、ふと足下に目をやると、なんと、
ヨドバシカメラの紙袋が置いてあるじゃないですか!!
見逃すところでした。


こ、これは。サンタさんが来てたんです!
「皆さん!僕のところにサンタが来たんです!」
(「三丁目の夕日」の須賀健太少年の声で読んでね)


ヨドバシの袋を開けると、中からヨドバシのビニール袋。
ダブルヨドバシ。去年のプレゼントもヨドバシの紙袋に入ってました。
限りなくヨドバシなサンタさん。なんなのだろう、このこだわり。
ビックじゃだめなのだろうか。ポイント貯めてるんだろうな。




おおおおお!


PSPです!


PSP頂きました!!


これ欲しかったんです。
モンスターハンターをやってみたかったんですよ。


さっそくPSPを手に持ってみる。
な、なんか







小っちぇ!!



なんか小っちぇっすよ、サンタさん……。
電源も入りませんし、よく見ると、紙で出来ている
ボタンも押せないじゃないですか。
まいった、これは、また、例のあれでした。


どうもありがとうございます。
本当にサンタはいます。