小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



IKEA港北

かねてより噂に聞いていたIKEAへ、
クルマを運転して行きました。
ひとり掛けソファーを買うためです。


ショールームのフロアで、色々なソファーに座り、
「これに決めた」と思ってから「やっぱりやめた」
「あれにしよう」「いや、しかしどうだろう」
「座り心地がなあ」「大きすぎやしないか?」と散々迷い、
トイレに行きたくなってきました。
トイレまで行くのにすごい歩いて、戻ってくると、
僕の中の購買基準がよく分からなくなっていて、
買う気が消沈しました。帰ろうか。


いやいや、せっかく来たのだからと気を取り直し、
頑張って決めて、台車に乗せて、クルマに積んで
帰ってきました。疲れました。