小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



自己分析

金曜日の夜に居酒屋「よし」へ行きました。
昨年末から飲みに行きたくても、仕事でなかなか行けなかった反動か、
生ビールを2、3リットル飲んで、焼酎を飲んで、
どうやって帰ったか覚えていません。


翌朝、上着のポケットを探ると「ポプラ」というコンビニの
レシートがあって、弁当を買った記録がありました。
ということは、僕は磯子で降りたということです。
磯子で降りたときは、僕はポプラで弁当を買うのです。


でもなんで、僕は京浜東北線に乗ったのでしょう。
横須賀線、東海道線、京浜急行線のどれかに間に合う時間に
店を出た記憶はあるのです。
わざわざ京浜東北線に乗った理由が分かりません。


携帯のメール送信履歴を見ると0時15分にメールを送信していました。
この時間の東海道線・京浜東北線はすごい混雑で、
メールを送れる状況ではありません。となると、
僕は横須賀線の車内か、京浜急行のホームから、
メールを送信したのだと考えられます。


翌日、Suicaの残金を見たら、お金の減り方から考えて、
京浜急行には乗っていないと思われました。
すると、横須賀線を途中下車して、
京浜東北線に乗り換えたのだと予想できます。
不思議です。そのまま横須賀線に乗っていれば、
自宅に近い駅から帰れたというのに。なんでだろう。


おそらく、トイレに行きたくなったのだろうと思います。


よく「家まで何時間も歩いて帰るの大変でしょう」とか、
「寒くないの?」と聞かれますが、記憶にないから平気です。
でも、もういい年なので気をつけるようにします。