小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ボーナスステージ

バイオリズムが変な方角に入ったのか知れませんが、
眠たくて眠たくて仕方ありません。
昨日は16時間眠りましたが。まだ眠いです。


好転するまで、じっと寝て凌ぐしかにゃいのです。
きっと脳内のどこかが活動過多になっているのだと思われます。


店長、鬱、入りマース!


という威勢の良いアルバイト店員のかけ声が聞こえますし、
見えないものが観えたりするのは、この期間だけなので、
この期間を「ボーナスステージ」と名付けているのですが、
たくさんお土産を持って帰ろうと思います、
まともに帰って来れればな!


ボーナスステージを楽しんでいられる間は、
まだ健康だと思うのですが、苦しくなったらいやです。
平均台からちょっと降りるのですが、
降りるときに足をくじいたり、深い溝に挟まったりするのには、
気をつけないといけません。


瞑想しようにも、カラカラカラと木製の歯車やら、
赤い風車が回って集中できませんし、
瞑想が必要なときほど瞑想できないものなのですね。
なんなのだろう。文字が入ってきませんし、
数秒前に考えていたことが、もうすっかり思い出せません。
モテたいと言ってたのが、遠い昔のようです。
でもそれがいいのだろうな。


こういうことって、皆さんわりとあるということでよいですよね。