小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



スマブラ・フレンド対戦

会社の同期のおおとのさんと、大先輩のガジンさんとで、
大乱闘スマッシュブラザーズX」の通信対戦をしました。


通信対戦は何度か経験があったのですが、これまでは、
相手がどこの誰だか分からないモードでやっていたので、
ほとんどコンピュータと戦っている感じだったのです。
しかし今晩は違っていて、
フレンドコードという番号を交換することで、
お友達と対戦することができるのです。


帰宅してビールを飲んでいたら、
おおとのさんがオンラインになったので、早速対戦しました。
僕はピカチュウを使い、おおとのさんはリンクを使ってきました。
リンクは僕のキャラリストにはない、小さいタイプで、
この時点で押されている感じでした。


いつも会っている人に、ゲーム上とはいえ、
パンチやキック、さらには巨大なハンマーを持って
追い掛け回しても大丈夫だろうかと、
様子をうかがいながら戦っていたのですが、
だんだん慣れてくると、白熱してきました。
しかし、9割はおおとのさんが勝ちました。


そこへ突然、大先輩のガジンさんがゼニガメの姿で乱入。
僕とおおとのさんは、白熱してウォーミングアップが
ちょうど済んだ頃だったので、ゼニガメに対し、
ピカチュウとリンクが襲い掛かるような展開になりました。
やはり、おおとのさんのひとり勝ちでした。


それにしても、フレンド対戦は激しくおもしろいです。
終始笑いっぱなしでした。おおとのさんのワリオが、
はまり役というか、スタートと同時に僕らをバイクで引いたり、
ガジンさんがピーチ姫で現れたら、それだけでおかしいですし、
2人が激しくせめぎ合っている横で、あらぬ方向に向かって、
小刻みな蹴りを連発するスターフォックスがいたり。
とにかく遊びましょう、皆さん。


これは、はまったら大変だなあ。あはははは。
とコントローラを連打していたら、0時を回って、




29才になってました。




そう、誕生日だったのです。そしてバレンタインデー。
20代最後の年が、こんな幕開け。