小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ねじを取る力に乾杯

私の人生において、何がもっともおそろしいことかと問われたら、


「ねじがバカになること」


と答えよう。
ねじがバカになるというのは、
ドライバーで、ねじを回転させて外そうとする際、
ねじががっちり締まっていて、その締まりの強さで、
ドライバーが、ねじのくぼみをズルッとやってしまい、
残された数度のチャンスを不意にして、ぐりっ、ぐりっとなって、
力を入れようにも、くるっくるっと取っ掛かりのない、
ドライバーがねじやまをくるくるくるくると……




ああ!もういい、説明が面倒だ!




とにかく、ねじがバカになるのが、こええんだよお!


しかしながら、私はその恐怖を乗り越え、独自の方法論で、
ほぼ絶望的、またはあと1回失敗したら、完璧にバカになるほどの
ねじでも、それを回転させ基盤から抜き取る力を手に入れたのです。




乾杯!私のねじを取る力に乾杯!!
私の頭のねじはすでに外れている、乾杯!!




それはさておき

本日、家に空気清浄機が届く予定だったのですが、
宅配便とのタイミングが合わず、届きませんでした。


「今日、清浄機が届くから」
と妹に伝えたら、
「え!そんなもの、どうするの!?」
と驚かれました。
「いや、そりゃ、埃を取って空気をきれいにしようかと」
と言うと、
「ああ、空気清浄機か」
と納得しました。妹は、
アメリカ合衆国の国旗である「星条旗」を
僕がネットで注文したものだと勘違いしたのでした。


普段から、磁石やバイオリンや太鼓、
狭くて手の届かないところに落ちたものを拾うマジックハンド等を
ネットで注文しているので、そう思われても仕方ないなと思いました。