小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ツーリング部活動・第1回

会社のツーリング部、創設後初の活動をしました。
まだ寒いので遠出はせず、都内を走って、
横浜辺りの露天風呂に入るというプランです。
参加者は僕、じょーくん、さおくん、Kくん。


待ち合わせは、
首都高の「永福PA(パーキングエリア)」に午前10時。
家からルートを引くと48分で到着できると出たので、
余裕を持って2時間前の、8時に家を出ました。


「余裕、持ちすぎじゃないか」と訝る方もいるかもしれませんが、
これが実に絶妙な「余裕時間」だったのです。
渋滞や給油や迷走で時間がかかり、集合時間の10分前に、
なんとか、集合場所付近の「永福入口」に辿り着いたのです。


ここからから首都高に入れば、すぐに集合間所の「永福PA」だ。
間に合った……。


入口の料金所のおじさんにお金を払ってから、
念のため尋ねました。


「『永福PA』はこの先で大丈夫ですよね」


答えは「NO」でした。
「いや、この先は代々木PAだよ。永福は、そこ」
おじさんが指す方を見ると、僕の背後で、
永福PAが光り輝いていました。
間違えた。「高井戸」から乗らないと、永福PAに入れないのだ。
薄々そうなんじゃないかなーって思ってました!だから尋ねたの!


「どうすれば、あそこへ行けるのですか?」
と震える声で聞くと、
「まあ、ここからじゃ無理だから、次の出口で下りて、
 また高井戸まで戻って入って、ここまで来るしかないね」



できるかい!



「あと、『ながふく』じゃなくて『えいふく』だよ」


僕はずっと「永福」のことを「ながふく」と発話していました。
しかし、もはや、そんなことはもうどうでもいい。


到着ならず。



しかし、諦めるのはまだ早い。

僕以外の他の3人は必ずこの道を通る予定なのだから、
僕が「代々木PA」に先回りして、そこで落ち合えばリカバーできるのだ。
そうだ、そうしようと、前向きな気持ちになって
元気に首都高をぐんぐん進んでいたら、




うっかり「代々木PA」を通り過ぎてしまいました。




しかも、途中でKくんの姿を発見しました。
彼も僕と同じく、永福から入ってしまったようです。
でも停まるわけにもいかず、
追い越してそのまま進んでしまいました。


色々あって頭が混乱してきたので、
とりあえず電話をしようと、適当な所で首都高を下りました。





「霞ヶ関」でした。
もう自分が何をしているのか、分からなくなってきました。
集合の2時間も前に家を出て、今、国会前にいる。不思議だ。
この辺りでも迷って、何度も国会前を行ったり来たりしてしまったので、
警備員の人に、にらまれた気がしました。



と、こんな調子で日記を書いていると、

まだ集合もしていないのに、2日分の日記の分量になってしまったので、
途中を省略して、




最終的に「銀座」で全員集まることができました。




今回の目的のひとつ、築地の「寿司」を食べるのです。
銀座から数分で着きました。


築地の「すし大」


この店は、じょーくんの情報では、
築地のランキングで「1位」なのだそうです。
詳しいことはよく分かりませんが、「1位」なんだから間違いない。


店の前で待つこと10分。店内に案内されました。
「地下へどうぞ」と、階段を下りていくと、
こぢんまりとした清潔な空間に、寿司職人さんがふたり。
カウンターを囲うようにして、十数個の椅子がありました。
部屋全体が、木に光が反射するのか暖かくて明るく、
職人さんはにこやかで、親しみやすく、
「さむいですね」と声をかけてくれました。
なんか緊張してきました。この雰囲気を統合して、
ひとことで表すと、こうなる。


めっちゃ高そう。


寿司が時価だったり、ひとつ数千円だったらどうしようかと。
しかし、それほど高くありませんでした。
とにかく、うまかったのです。


すだちと岩塩を付けたお寿司、びっくりしました。うまい!
ひとつずつ握っては、目の前に置いてくれます。
歯ごたえと味の組合せに、さまざまなバリエーションがあって、
どのネタもハッキリ美味しかったです。
トロは、舌を包むように溶けるし、
アナゴは、ふわあっと実に優しく広がるし、
」を感じました。上品な広い愛。
ちょうどお腹が満たされる量で大満足です。


ぽーっとなりながらバイクを運転して、
レインボーブリッジをぐるぐる走ったりして、
横浜の方まで行って「ねぎしの湯」という湯屋に着きました。
ふたつ目の目的地です。14時半頃でした。


3月ですが朝から風が冷たくて、やはりガクガクしてくるので、
温かい露天風呂はとても癒されました。
30分ほど浸かっていたら、体の芯まで温まりました。


ここで解散となりました。


みなさん、どうもありがとうございました。
特に、じょーくんは、先導をありがとうございました。


都内のツーリングも、いろんな店があって楽しいと思いました。
楽に行って帰ってこれることも魅力です。
とても充実した日を過ごすことができました。