小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



電子工作

gainerで使う電子部品を買いに、秋葉原へ行きました。
まず、「トプカ」という店を目指しました。
トプカはカレーの店で、カレーファンにはお馴染みらしく、
かなりうまいらしいのです。


おすすめはムルギカレーなのだそうですが、
売り切れたということで、マトンカレーを注文しました。



辛い。うまい。辛い。うまい。汗がたらたら出ました。
お腹いっぱいになったので満足して、帰りたくなったのですが、
電子部品を探しに電気街の方へ行きました。


まず「秋月電子通商」という店に入りました。
若者からお年寄りまで、一見してマニアックと判定できる男たちが、
ひしめき合って、電子部品を駄菓子を買うような感覚で、
小さなかごに入れていました。
僕も外見だけは、完全なるアキバ系なので、
負けじと、メモを見ながらトランジスタや抵抗を探したのですが、
サッパリ分かりませんでした。


一応工学部で実験をしたりもしたのですが、
所詮は、おもしろ学科。オームの法則もおぼつかず、
あたまがフラフラしてきました。
簡単な電子工作キットを買って、逃げるようにして店を出ました。


放心状態で歩いていたら、「ツクモロボット王国」という看板が
目に入って、何かとても楽しそうだったので入りました。
曲がりを測るセンサーとか、人の位置を感知するセンサーとかがありました。
ロボットも楽しそうだと思いましたが、僕にはまだまだ先のガンダーラです。


疲れ果てて、帰りの電車で、ぐうぐう寝ながら帰りました。
家に着いたら、はんだごてを使って、
さっそく電子工作キットに挑戦しました。



物体位置計測キットの、送信部分だけ先に組立てました。
スゥイッチィィィィー、ウゥオーーーン!


赤外線LED、動作せず


分かりません。