うますぎる肉



会社の先輩、Aさんとスガアザラシさんとで焼き肉に行きました。


今日の焼き肉は「リベンジ焼き肉」だったのです。
「リベンジ焼き肉」とは、およそ1月ほど前に、
今日と同じメンバーで横浜のあるお店で焼き肉を食べたのですが、
そこが、猛烈にまずかったので、うまい焼き肉を食べて、
雪辱を果たそうということなのです。


まずい店がどのくらいまずかったかというと、
ライスを3回注文しても来ず、やっと来た時は肉を食べ終わっており、
肉はどの肉も同じ味で等しくまずく、ウーロン茶は不気味に泡立っており、
グラスはべたべた。ストローは使い回してあるという具合でした。


ということで、今回は非の打ち所のない
完全なる「うまい焼き肉」を目指し、
しーなねこが検索をしたり、テレビを見たりして、
「ここだ!」と立ち上がり指差し確認をしたお店を選択したのです。
「ぱっぷHOUSE五反田店」


会社から20分ほど歩いて、不動前駅の近く。
お店の雰囲気は、気軽に入りやすく、うまいムードが出てました。
「おすすめのメニュー」にある希少部位と言われている
「はねした」と「リブ芯」と、その他一般的な部位もひと通り注文。
(希少部位には値段が書かれてないのがこわいのです)


ビール飲んで、サラダを食べていたら、「はねした」がきました。
しゃぶしゃぶみたく、さっと炙って食べて下さいということなので、
軽く網の上を通して、食べる。



うまい。脳が少し変になりそうなくらいうまい。
ライスとまたよく合います。スガアザラシさんは、
はねしたを食べ終わった後に、はねしたの余韻だけで
ご飯を食べてしまったくらいです。


続けて、「リブ芯」



厚めなので、最初に強い火で両面を焼き、
側面を焼き、遠赤外線でじっくり中まで火を通して食べる。
肉を噛むと、水を吸ったスポンジのように、
肉の「うまい油」が溢れ出して、歯応えも繊細で絶妙で、
こういう仕組みの肉がどうしてできるのかと、不思議でした。
うまい。ライスがまたうまい。


ビール飲んで、焼酎飲んで、シャーベット食べて、
肌寒い夜道を、メンバーでうまかったと言いながら帰りました。
完全に、コールドゲームでリベンジ達成、ウイニングランでした。


新年度の1日目から、とても縁起のよい出だしでした。
どうもありがとうございます。