モテて、モテて、困らせて!



後輩のSくんが、僕の席までやって来て、
突然、小声で言いました。


「最近、合コンしまくってるそうですね」


「どこでそんな情報を得たのですか?」
と聞くと、
「方々で聞いてます」


どうやら、僕が合コンをしまくっているという噂が一部で
静かに流れているようですが、しまくっているというほど、
してはいません。
女性とのオフ会を毎週しているだけです。


しかしなんだろうか、これだけたくさんの方にお会いしても、
ラブに発展しません。


そう、「ラブに発展しません」などと言うと、
「それはしーなさんにその気がないだけで、
選り好みし過ぎているのでは?そんなに高望みしていると、
40近くなった時に誰にも相手されなくなりますよ!」
というような、お叱りのメッセージを頂くのですが、
決して、選り好みしているわけでも、
理想を追求しているわけでもないのです。
どうしてよいのか分からないのです。


僕がMMK(モテて・モテて・困る)を追求していることを
知っている人によく聞かれるのは、
「しーなさんは、結局、どうしたいのですか?」
ということです。
彼女が欲しいのか?チヤホヤされたいのか?と。
僕も、自分がどうしたいのか分からないのですが、
この質問には、こう答えることにしています。




「イチャイチャしたいです」




こう言うと、今度は
「しーなさん、それは言わない方がいいですよ」とか
「それは最低の回答ですよ」と注意されるので、
これもまたどうしてよいのか分かりません


しかし、皆さん、驚くかもしれませんが、
ついに先日、イチャイチャしてもいいですよという方が現れたのです。
言い続けてみるものですね。
「では今度、イチャイチャしましょう」
と、その場で日にちと場所を決めましたが、






できません、そんなこと。






よく考えたら恥ずかしくて、できません。
それに、そんなにイチャイチャしたいわけでもない気がしてきました。
このように、言ってることと、やってることが一致しないのも、
モテない理由のひとつに挙げられると思います。


まず自分が何を望んでいるのか、はっきりさせたいです。
はっきりさせたら、あとはそれを強く願います。