小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



関西MMK紀行5日目「さようなら関西」


9時に起きて準備して、
ホテルからの送迎バスで空港へ行きました。


朝食がまだでしたので、うろうろしていたら、
「551蓬莱」のレストランを見つけました。
一昨日、京都でお会いした、はにこさんに
「551の『豚まん』おいしいですよ」と教えてもらっていたので、
入って豚まんと焼売を食べました。うまい!
はにこさんありがとうございました。


スーツケースをガラガラ引きながら、空港内を一周して、
飛行機が飛んでいく様子を見たり、
書店で仏教や歴史の本を探したり買ったりして、
ロビーでしばらく読みました。


12時頃、京都からバスに乗って来た、
イッセイ氏とスガアザラシ氏と合流しました。
お土産を見て回り、「新世界串カツ」というのを買いました。


飛行機はあっという間に、羽田に着きました。
家にもすぐに着きました。
2時間前まで大阪にいたのが信じられませんでした。


やはり疲れていたみたいで、毛布を出して横になったら、
3時間も眠っていました。
大阪のおかかさんに、家に無事着いたことを報告しました。


関西の旅行は、とても楽しかったです。
たくさんの人によって、生かされているということや、
ホームページをやっていて、よかったなあと感じました。


もともとは、MMK計画の一環として、関西へ行ったのですが、
モテようとしなくてもよいと思いました。
でも、モテようとしたからこそ、皆さんとの出会いがあったので、
よくわかりません。ほどほどにします。


皆さん、どうもありがとうございました。





こぼれ話的なこと

王寺駅を歩いていたら、背後から


「はよ歩け、踏みつぶすぞ」


と言われて驚きました。関西では「踏みつぶすぞ」とか
よく言われることなのだろうなと思って、
こういうことがありましたと話したら、
「そんなこと一度も言われたことありません」
と、よしこさんに言われました。




京都では「MKタクシー」というタクシーが、たくさん走っていました。
「MMK」を目指す者として、親近感を感じました。
しかも、MKタクシーの行灯の形はハート型で、
ハートの縁が、たくさんの電球で囲われて光っていました。



1日目、大阪について最初に訪れた観光地、
道頓堀のえびす橋は、別名「ナンパ橋」と言うそうです。
何も考えずに行ったのですが、MMK紀行のスタート地点として、
相応しい場所へと、何かが僕を導いたのだと思います。