小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



どうしてできないのか

うちの父は肥満なのですが、
どうして肥満になっているのかを、
連休の後半で、集中的に観察したのでした。


すると、食事の量が、僕の倍であることが判明しました。
運動もしていませんので、これは肥満で当然だと思いました。


「このままでは病気になって死んでしまうので、
食事の量を半分にした方がいいですよ」
と忠告をしたのですが、それはできないとのことでした。
このままいくと、病気になると分かっていながら、
どうしてできないのか、わかりませんでした。


と思っていたところ、父が、父の兄に対して、
僕と同じようなことを電話で言っているのを聞きました。
父の兄はすぐに仕事を辞めてしまうので、
「このままではホームレスになってしまうので、
きちんと働いた方がいいですよ」と、
父は、父の兄に忠告をしていました。
このままいくと、ホームレスになるとわかっていながら、
どうしてきちんと働かないのか、理解できないそうです。


この一連の出来事から思ったのは、僕は偉そうに、
「このままいくと、病気になると分かっていながら、
どうしてできないのか、わかりませんでした」
とか言ってしまいましたが、それは、
僕がホームレスでも肥満でもないから言えたことであって、
仮に、僕より幸せでモテていて年収3000万とかの人が、
僕のことを見たら、


「しーなは、このままいくと、何のスキルも身に付かずに、
年とって結婚できずに、孤独のまま貧しく死んでいくのに、
どうして、もっと積極的に生きないのか、理解できない」


と言われても仕方ないと思いました。
それぞれが、それぞれのレベルの中で自分に限界を作って、
囚われて、将来の不安を弄くって、自分を苦しめている。
抜け出すには、別の視点から指摘をしてくれる人と交わって、
柔軟に変わっていくしかないのでしょうか。
そして、柔軟に変わるというのは、厳しく努力をするというより、
心の鏡を磨いて曇りを取り除き、宇宙の流れを信頼して、
身を委ねて、調和していくことなのではないかと、
そう思ったわけです。




オチはありません。