小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



どこまで伸ばすのか

1年ほど通っている美容室があります。
初めて訪れた時に、スタイリストの方に
「どのようにしますか?」と聞かれたので、


「モテるようにしてください」


とだけ言いました。それから2ヶ月後、
「今日はどのように?」と聞かれたので、


「前回より、さらにモテるようにしてください」


と言い、これを続けています。細かい注文は一切しません。
毎回「おまかせください」と言ってくれます。
前回は、僕が言葉を発する前に「モテるようにしますよ〜」と先取りし、




「しいなさん、モテるには『前髪』ですよ」




と提案までしてくれました。
「そうですか、なるほど、前髪ですか」
と、前髪を伸ばすことになったのですが、どんどん伸びて、
目に入るか入らないかの時期が、非常に煩わしかったのですが、
「これもモテるためだ……」と我慢していたら、
毛先が目を越えて、気分は落ち着いてきたのですが、




近ごろ、前がよく見えません。




前髪をすべて前に下ろすと、モテというより、
ホラーになっています。
次に美容室へ行った時に、
どこまで伸ばして、どうすればよいのか聞かなくてはなりません。