小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



はにこさんが来る!(予定)

はにこさんと、お付き合いをしているのですが、
最初に電話をしたとき、


「2ヶ月に1回くらい会えるといいですね」


という話だったので、次に会うのは7月頃かと考えていたら、
「6月○日に横浜(僕が住んでいる場所)へ行きます」
という連絡が来ました。
「おお、だいぶ早まった」
と思っていたら、
その予定をキャンセルしたということになり、
あれよあれよという間に、




今週末いらっしゃることになりました。




どうしよう!なんか緊張してきました。
しかも、夜行バスで来るので、到着は土曜の




朝の5時半




だそうです。そりゃいっぱい会えますけど、
この時間、どこも店開いてませんよ!
始発でお迎えに行きますが、起きられるかが心配です。
とりあえず、金曜は朝まで飲まないようにします。





これまで、

誰も好きになったことがないのです、とか言うと、
「いつも誰にでも『好き』って言ってるじゃないか」
と、イガラシイッセイ氏に怒られそうですが、
その好きは、恋をしたという好きではなく、
漠然と愛しているという好きなのです。


僕の中で「恋」は執着で、囚われで、
「宇宙」と正反対の「形式」につながるものなので、
注意深く距離を保ってきました。
でも誰かを好きになったら楽しいだろうなと思いますし、
バランスもよくなるのではと思います。
恋愛という、人類の共同幻想。


愛されるより愛したいです。はあ。
(なんという身の程知らずな発言!)