小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「松坂プロジェクト」

前から、このブログにちょいちょい出てる、
松坂投手にそっくりなことでお馴染みの、
会社の後輩のSくん(以下、松坂くん)ですが、



このたび勝手ながら、僕の方で「芸名」を付けさせて頂きました。
本物の松坂大輔投手より、ひと回り小さいということで、




松坂小輔(まつざかこすけ)




と、させて頂きます。
ありがとうございます。


プリティ長嶋や、リトル清原を見ても分かるとおり、
プロ野球選手に似ているというだけで、有名になれます
(すごく有名には、なれなさそう)。


そして恐ろしいことに、松坂くんは、
プリティ長嶋や、リトル清原のレベルを上回るほど、
松坂投手に似ているのです。以前、ひとつのフォルダに、
松坂くんと、本物の松坂投手の画像をランダムに入れて、
瞬時に判断する遊びを、じょーくんとしたのですが、
すぐには区別がつきませんでした。


ですから、「松坂小輔」として、
細かすぎて伝わらない物まねなどをしていけば、
結構な収入を得られると思うのです。


しかし、しかしなのです。大きな問題がひとつあるのです。
それは、松坂くんが、これだけの似方をしていながら、




「松坂になろうとしていない」




ということなのです。本人に自覚がないのかもしれません。
ダイヤの原石を持っていながら、決して磨こうとしない。
そんなことがあってよいのでしょうか。


そこで、我々はひとつのプロジェクトを立ち上げました。
「松坂小輔プロジェクト(通称:Mプロ)」
これは、松坂くんに、本物の松坂になってもらおうという企画です。


美容室へ松坂投手の写真を持って行き、
「こういうふうにしてください」と注文し、
眉毛を整え、少し髭を生やして頂いて、
レッドソックスのシャツやキャップを買って、
それを身に着けて撮影会をするのです。
現在、本人に交渉中です。




つきましては、この「Mプロ」に協賛して頂ける方を
大募集しております。一口千円から協賛金を集め、
美容室代や衣装代に当てさせて頂きたいと思います。
協賛して下さった方には、




松坂小輔誕生の瞬間を生で見る権利




や、生写真をプレゼント!
どうか皆さま、僕ら(イガラシイッセイ、じょー)と一緒に
松坂くんを、本物の松坂にしてやってください!