小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



私の「MMK計画」

「最近の、しーなさんの日記に元気がない」
と心配されますが、実際に元気がありません。


なぜ元気がないのか、梅雨の湿度もあれですが、
これまで情熱を注いできた
「MMK(モテて・モテて・こまらせて)計画」が、
崩壊寸前、または崩壊したからだと思います。


先日、はにこさんとお会いした翌日に、
「はにこさんのことを、特に好きになりませんでした」
とブログに書いてしまい、ブログを読んだ方から、
叱られたり、同情されたりして、混乱しました。
叱られて当然ですね。はぁ……。


特に、はにこさんだからというのではなく、
僕は、誰のことも深くは好きになれないのだと思うのです。
セロトニンが少なめですし、ドーパミン
出にくいのではないでしょうか。はぁ……。


それなのに、どんどん好きになられて、
感情に差が開いていくのは恐いですし、
MMK計画に、気を遣うことが多くなり、気まぐれに、
「合コンしましょう!」
と書けなくなってしまいました。辛い。
そんなに「合コン」がしたいのか。したい。
はぁ……。



「付き合う」というのが

よく分からないのです。
「これをもって『付き合い』を開始する」とか、
「これをもって『別れた』ものとする」とか、
そういうのがあるのでしょうか。あるんですね。
「付き合う」の状態になると、連絡が多くなったり、
イチャイチャしたりするものなのでしょうか。はぁ……。


とにかく世間には「『付き合う』のルール」が
たくさん精密に、暗黙にあるのだということが分かりました。
このルールに背くと、ダメなやつになるのですね。
「年に1回、矢文でのみ思いを告げる付き合い」とか、
「NHKの朝の三宅民夫アナのメガネフレームが緑のときだけメール」
「男が危険物取扱者の甲種、女が乙種を取ったら、キスをする」
といった「付き合い」は、存在してはいけない雰囲気です。



そうなんだと気付くと

囚われたような、この標準的な皆がやってる
付き合いというのが、いつまで繰り返されるのかと、
不安な気持ちになってきました。
だからといって、突然
「はにこさんと付き合うのをやめる。漠然と不安になってきたから!」
と言ったりしたら、イガラシイッセイとかに、
「こら、承諾したのはお前だろ」
と怒られるに違いありません。はぁ……。


だからといって、何をどうしたいというのもありません。
もう、どう転んでも、あれです
はぁ……。