小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



椎名SUNRIZE

会社の同期の方々と酒を飲みました。同期会です。


今回、僕は主役みたいな感じになっていて、
特別なカクテルが用意されていました。



その名も「椎名SUNRIZE(しーなさんらいず)」
ちゃんとメニューにも出ていました。



「椎名SUNRIZEうまい!!
なんと形容してよいのか分からない味や、
出てくるたびに、アルコールの濃度が濃かったり薄かったり、
むらがあって一定のバランスが保たれていないところが、
まさに、




「椎名SUNRIZE




一気で、数杯飲んで、ふらつきました。
どうもありがとうございます。



終電の

次の終電に乗って駅を出たら、雨。
折り畳み傘を持っていましたが、出さずに濡れながら歩いていると、
信号機に、雫が滴って、非常に艶かしくて美しかったので、
7、8枚携帯で写真を撮りました。



平日の深夜1時半とかに、こういう景色を見ると、
なんか「機動警察パトレイバー」的な雰囲気というか、
この雨の道路の中を、カバーで覆われたレイバーを積んだトラックが、
黙々と晴海ふ頭へ向かっていくような、
そんなゾクゾクがしてきて、すごくうれしいのです。


カッコいい!雨の信号機と鎌倉街道