小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ナマ言ってすみませんでした。

僕は何というか「女心」というか、
それ以前に、人の心が全然分かっていませんでした。
今もほとんど分かっていない部類に属すと思うのですが、
調子に乗ってました。生意気ばかり言って、
わがままで、天邪鬼でした。




ナマ言ってすみませんでした。




これまでMMK計画で、モテるための本を
30冊近く読んできたのですが、


何も分かっていませんでした。


昨日、同期会があったと書きましたが、
その中で、はにこさんの話が出て、
「しーなくんを受入れていられるなんて、心広すぎ!」
とか、
「はにこさんのブログを読んでから、しーなくんのブログを読んだら、
『しーなくん死んじゃえばいいのに』って思った」
と言われ、最初は、
「またまたあ」
と苦笑いしていたのですが、ふと冷静になって、
ここ1ヶ月間を振り返って、ゆっくり、よくよく考えてみると、



はにこさんがかわいそう。
僕は何て愚かなのだ。




という2点がしっかり明確になって、あああ、




終わったー




最近、はにこさんからメールが来なくなっていたし、
ブログも更新されてないから、これは絶対、




終わったー




と思い、横浜でお会いしたときに、腕にしがみつく様にしてくれた
はにこさんのことを思い出したら、なんか泣きそうになりました。
そのときの僕の様子は、
1次会で既に帰宅したイガラシイッセイ氏にまで届き、

いったいどうしたのですか。
昨日帰ったあとに夜中に誰かから電話がきて
「椎名君がへこんでいる」
と連絡を受けたのですが。誰だったんだろう?


何者かが匿名でイッセイ氏に連絡を入れるくらい、
へこみました。


先ほど、はにこさんに電話をして、
生意気なことを言ってすみませんでした。調子に乗ってました。
と謝りました。


はにこさんは、いろいろ話してくれました。
僕より2つ年下なのに、ずっと成熟していて、
かなわないと思いました。
感情を出すのは、傷つくし、傷つけるし、とてもきついので、
しーなさんはこのまま逃げて行ってしまうかと思ったけど、
止まった。と言ってくれました。



その後

深夜にイッセイ氏とチャットをしました。
そして、下記の3つの何かが導き出されました。

  • 人と真剣に向き合うことで、人は成熟していく。
  • 感情のぶつけ合いが、魂を鍛える。
  • 母性、萌え