小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「プロジェクト・セレブ」覚え書2

「宇宙型」の人は、「生活型」の人に影響を与えないと、
宇宙を感じる感度の高さに比例して、ノイローゼになったり、
アルコール依存になったりするので、
なんとかして、影響を与えたいと思います。


しかしながら、「宇宙」を「生活型」の人に
分からせて影響を与えるのは、非常に困難なことです。
なぜなら、「生活型」の人にとっては、
「生活」する上で、「宇宙」は、まったく必要のないものだ、
と思われているからです。
本当は、「世界平和」と「人類の大願成就」に必要なものなのです。


さらに問題を難しくしているのは、
「宇宙型」の人は、「生活」の方を向いていないため、
「生活型」の人たちの文法を理解していないことにあります。
だからといって、「生活型」の人全体に受けるものほどよいかというと、
表現に「宇宙」が込められていないと、
「宇宙型」の人にとっては、あまり意味がないのです。


先述のノイローゼや、アルコール依存の原因ともなっているのが、
「宇宙」と「生活」の間でもがく、「宇宙型」であっても、
人間であるからには「生活」をしないといけないという、
「へもさ」であります。


では、「へもいっ子」たちは、どうすればよいのか。


「宇宙」を「生活」でコーティングしたものを
制作する必要があるのです。
狂気ともとれる、「宇宙」の苦い薬を、
「生活」・「形式」といった糖衣でコーティングして、
飲ませて、内側から効いてくるようにするのです。


また「生活型」に受けるには、「生活型」の文法に
沿わなくてはならなく、それが納得いかなくても、
時には、涙を飲んで、「モテ」たり、
「セレブ」になったりしなくては、
説得力が出ないことになるのです。


「セレブ」は知名度・賞賛。
それに「ラブ」を掛けたものが「モテ」。
「MMK」と「プロジェクト・セレブ」は、
「世界平和」と「人類の大願成就」のための、土台なのです。