小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



M-1グランプリのエントリー

M-1グランプリのエントリー締め切りが近いですよ」
と、雛さんに言われて、もうそんな時期かと思いました。


去年、会社の後輩である、サクちゃんとハジメくんとで、
「カイシャインズ」という漫才コンビを作って、
僕が台本を書いて、予選に出場したのですが、
1回戦で敗退したのでした。


ですから、「今年こそは1回戦突破しましょう!」と
M-1グランプリにエントリーするように、
ふたりにメールをしたのですが、サクちゃんより、


「すみません。もうスベりたくありません」


と、出場したくないという旨の返事を受取りました。
ウケなかったことが、よほどきつかったのか、
トラウマになってしまったようです。


仕方ないので、自分が出ることにしました
(お笑い芸人って、モテるらしいじゃないですか)。
しかし、ひとりでは出場できないので、
エントリー用紙に、イガラシイッセイ氏の名前を書いて、
予選日の都合だけ確認して、書き上げました。



メッセンジャーから、なにやら、
イッセイ氏のすごく眠そうな感じが伝わってきたので、
夢の中の出来事だと思っているかもしれません。
明日、ポストに投函します。


コンビ名は「サイレンツ」としました。
これは、入社したときから使っていたユニット名で、
両者が極めて口数が少なく、
沈黙が長いことから考案されたものです。


1ヶ月後、予選です。