小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



リアル桃鉄@関西(はじめに)

いまや日本各地で行われ、
競技人口が増加中の「リアル桃鉄」。
このたび、第4回を開催しましたので、レポートを書きます。
その前に、


「リアル桃鉄って何?」


という方は、イガラシイッセイ氏がルール等をまとめているので、
そちらをご覧下さい。



今年は何が違うのか

今年のリアル桃鉄が、これまでのリアル桃鉄と違う点。
それは、舞台を「関西(大阪スタート)」にしたことです。
範囲は「JR京阪神路線図(PDF)」内の駅。


そして、リアル桃鉄を朝から大阪でスタートするとなると、
やはりゲーム前日には、「大阪」にいないといけません。
ということで、


8/29(金):東京→大阪 + 前夜祭
8/30(土):リアル桃鉄本番 + 後夜祭
8/31(日):大阪→東京

という、新幹線移動+2泊3日という、
バカ企画にしては、かなりの労力と出費を伴う、
大掛かりなイベントになったわけなのです。
ちなみに、29日の前夜祭については、こちらにまとめてあります。
リアル桃鉄@関西(前夜祭)



プレイヤー

もうひとつ前回と違う点は、プレイヤーです。
大阪から、よしこさんが参加してくれました。


よしこさんは、若くてかわいい女子で、
僕のページを10代前半の多感な少女時代から、
なんと10年間も読み続けてくれている、
ご本人も認める「しーなねこ育ち」の女子なのです。
うれしいじゃないですか(ちょっと心配ですけど)。


で、あれです。よしこさん新規参加というのは、
大変よろこばしいことなのですが、問題はチーム編成なのです。
今回のリアル桃鉄、参加チームは3つなのですが、
見てください!


1.ちゅうか&雛っちペア(第3回優勝チーム)
2.イッセイ&よしこペア
3.しーなねこ

ちょ、よしこさん、




「僕とペアじゃないんかい!」




ということなのです。そう、よしこさんは、
よりによって、僕の宿敵であるイッセイ氏と
ペアになってしまったのです。僕らの10年って、一体。


どういう経緯で、イッセイ&よしこペアが誕生したのか。
mixiの「リアル桃鉄@関西」コミュニティに記録がありました。
僕が飲んで酔っている間に、話が進んでいたのです。
以下、やりとりの抜粋です。



イッセイ氏:
「あまのっち(前回のイッセイ氏の相方)も関西行きを拒否…
今回はひとり………よしこさんとペアを組むのは…だめ?」


ちゅうかさん:
「よしこさん&イッセイくんペアって、むしろいいかも。
わたしは賛成です。しーなくん…すねちゃったりしないかしら(笑)」


雛っちさん:
「イッセイ&よしこぺアいいんじゃん。
しーなくんはドSだから、だれかとペア組むのは難しいんじゃない」


よしこさん:
「おぉ、イッセイさんとチームなのですね。
最悪家族を引っ張り込もうとしてたので助かります」


なんだか僕のことが、拗ねやすくて、ドSで、
ペアを組めるような協調性のない変人として扱われていますが、
決してそんなことはなくて、重要なことは、
よっちゃん(よしこさん)を、イッセイ氏に取られたことです。



ということで、

今回の、リアル桃鉄@関西における、
僕の目標が決まりました。
「イッセイ氏&よしこさん」チームをターゲットとし、
窮地に立たせ、イッセイ氏の不甲斐なさを演出し、
僕は圧倒的な強さで優勝し、よしこさんに、




「やっぱ、しーなさんとがよかった」




と思わせること。ただ、それだけです。
見ておれ、イガラシイッセイ!
かっこわるい貧乏神Tシャツを着せて、
はずかしーことにしてくれるわ!ははははは。
(完全に「拗ねやすくて、ドSで、
ペアを組めるような協調性のない変人」になっている気がする)



おお、忘れるところでした。

ゲームマスターがいました。ゲームマスターとは、
目的地の決定や、ゲームバランスを調整したりする、
とても重要な役割を果たす人なのですが、
前回に引き続き、たまさんにお願いしました。


当初、たまさんも大阪へ行くかもしれなかったのですが、
ゲームマスターは、ずっとPCに向かって、
チームの報告を受けたり、業務連絡をするので、
大阪に行ってもずっとホテル、または、
ネットカフェにいることになるので、
東京の自宅からやることになりました。