小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



リアル桃鉄@関西(その3)

11:25 新大阪(蓬莱まであと9駅)


本日、2回目の「新大阪」。
カードを引く。

「スペシャルカード」
(1から6までの好きな数だけ進める)


もちろん6進むことに。


「京都」の次の「山科」から、
琵琶湖の西岸を走る、湖西線に乗り換えるのですが、
今乗っている電車の、前寄り4両までが湖西線になるので、
5両以降に乗ってる人は気を付けてくださいね、
というアナウンスがありました。


それを聞いたおばさんが、急にキョロキョロして慌て始めました。
どうやら、自分の乗っている車両が、
前寄り4両に入っているのか、心配になった様子です。
おばさんが振り返って、僕と目が合ったので、


「あ、これは聞いてくるな」


と思ったら、僕のTシャツに


「貧乏神」


と書かれていることを発見するなり、
すぐに目を逸らして、僕の隣に立っていた男に、
「この車両、湖西線になるのかしら?」
という質問をしていました。


人を外見だけで判断してはいけない。



12:06 堅田(蓬莱まであと3駅)


「かたた」と読むのですね。


お昼の12時を回って、ゲーム開始から約5時間が経過。
夕方の5時がゲーム終了なので、後半に入ったところになります。


他のメンバーはどの辺りにいるのだろうと、
特設ブログを見ると、


ちゅうか&雛っちペア: 高槻
イッセイ&よしこペア: 京都


となっていました。なんだ、まだまだじゃないか。
それにしても、イッセイ&よしこペアは「京都」か。
いいなあ。「舞妓カード」が出て、一緒に舞妓さんを探してるんだって。




観光か!




「はっ!もしや!」
あれだ、心理学に「吊橋効果」というのがあるのだ。


ジェットコースターや観覧車など危険を共に体験すると、
連帯感や恋愛感情が生まれるという効果。


よっちゃんに、リアル桃鉄初参加のドキドキと、
一緒にミッションを達成していく連帯感といった、
「吊橋効果」的なあれが発動して、
イッセイ氏に好意を抱くようになったらどうしよう。


京都駅で、横断歩道の信号が点滅して、
「急ごう!」と手を引いて駆け出している様子が、僕には見える!
サイコロを拾おうとした手と手が、偶然触れ合って、
「あっ」なんて、頬を赤らめているに違いない!キー!!
(※これは完全に僕の妄想で、現実はどうなってるか知りません)。


落ち着け、僕。


カードは、

「急行カード」
(サイコロを2個振れる)


残り3駅。3が出たらゴール。



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


次、ゴールです。



12:20 蓬莱(ゴール)


到着です!しーなねこ、「蓬莱」に到着です!
全然うれしそうに見えませんけど、それはシャツのせいです。
さっそく、ゲームマスターのたまさんに連絡。
得点は次のようになりました。

しーなねこ(ゴール): -190円
イッセイ&よしこペア(唐崎): -220円
ちゅうか&雛っちペア(京都): -750円


移動量が大きかったので、一気にトップに躍り出ました。
ははははは。そして、貧乏神は、
ちゅうか&雛っちペアに決定。
イッセイ氏にダメージを与えられなかったのがあれですが、
ちゅうか&雛っちペアは、僕の孤独を刺激する、
心理的な攻撃を、メールで繰り返し仕掛けて来ていたので、
貧乏神でテンションダウンするがいいさ。


さっそく、着替える。





次の目的地は栗東に決定。


路線図から「栗東」を探していると、
たまさんからメールが。


イッセイさんが「宴カード」を引きました。
酒的なものをみなさん摂取してください。
すきっぱらかもしれないのでおきをつけあれ!!

酒を飲まないといけないことに。
僕は酒よりご飯が食べたいですよ。
それはそうとして、僕もカードを引かないといけないのでした。

「USJサミットカード」
(全チーム「ユニバーサルシティ駅」に移動してお土産を買う)


とんでもないカードを引いてしまいました。
全員が、酒を飲んでから、USJへ行くことに!
意味が分からん。