小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



リアル桃鉄@関西(その2)

次の目的地は、

「蓬莱」に決まりました。


それにしても、「貧乏神」と大書されたTシャツは、
やはり人の目を引きます。正面から人が歩いてくると、
まず僕の胸を見て「貧乏神」の3文字を確認し、
その後、僕の顔を見て、道を開けてくれます。


朝から湿度が高く、頭髪は爆発したようになってますし、
汗でメガネがずり落ちてくるしで、
僕がトイレから出てきたときに、目が合った女子なんかは、
あからさまに「ギョッ」としていました。


早く移動したい。
駅員さんに「蓬莱」の場所を聞いたら、
乗り継ぎまで、やけに優しく教えてくれました。


サイコロを振る。




9:45 神戸(蓬莱まであと14駅)


今回から加わった新ルールで、
「貧乏神専用カード」というのがあるのです。
これは、貧乏神が憑いているときは、
「特急カード」等の有利なカードが出やすくして、
逆転可能性を高め、ゲームテンポをよくしようという試みなのです。
「よかったあ、こういうセーフティーネットがあって」
と、カードを引く。

「格差社会カード」
(1位のチームのサイコロの目が倍になるか、
自分のサイコロが1になるかを選ぶ)


忘れてました。貧乏神専用カードには、
有利なカードが多い反面、傷口に塩を塗るような、
さらに泥沼になるカードも含まれているのでした。
安全網がビリビリと音を立てて破れるのが聞こえました。


イッセイ氏に、これ以上、塩を送るくらいなら、
自分の傷口に塗るわ!と、「1」進むことを選択。



9:53 元町(蓬莱まであと13駅)


カードは、

「コーミングカード」
(駅の周りのゴミを10個拾う)


次々と襲い掛かってくる苦難。
さっきだって、ホームの端のベンチに座っていたら、
先頭車両がホームの中ほどまでしかこなくて、走るはめになった。


さあ、気を取り直して、ゴミを拾いに行こう。
そこら辺に落ちているだろう。
改札を出ると、



清掃員のおっちゃんが、




片っ端からゴミ掃除してました。




「ここはダメか」と、駅の裏手に回ると、
別のおっちゃんが、2人で清掃中でした。
「元町」の美化は、急ピッチで進んでいました。


なんとか、花壇の下に落ち葉があるのを見つけ、
それを拾うことに。



(動画にするほどでもなかった。)


雨に濡れて、落ち葉が道路に張り付いているので、
1枚1枚剥がすようにして拾う。さみしい。非常にさみしい。
もちろん、相方がいないので、三脚を立てての撮影。


サイコロは、




10:45 キーッとなる。

「元町」から5駅先の「新大阪」までの移動中。
さみしい僕を追い詰める出来事がありました。
「リアル桃鉄特設ブログ」への投稿です。

タイトル:「コラボ」
投稿者:ちゅうかさん
西明石から三ノ宮までの移動が、
偶然イッセイ&よしこペアと重なったので、
役に立たない(?)プチ情報などを聞きながら、
にぎやかな移動となりました。


貧乏神でないチームならではの平和な遭遇でした!

(左から、よっちゃん、イッセイ氏、雛っちさん、ちゅうかさん)


こちとら、貧乏神Tシャツを着て、
清掃員のおっちゃんと、ゴミ争奪戦を繰り広げ、
濡れた落ち葉を、道路から剥がして、孤独と戦っているというのに、
僕以外、旅行サークル「旅の会」みたいになってるじゃん!


そして、この、イッセイ氏の余裕と自信に満ちた表情はなんだ。


キー!ついに、ここまできたか!