小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



Hさん送別会

入社してから、ずっとお世話になっていた、
先輩のHさんの送別会でした。


とても優しい方で、このブログを読んで、
いつも気にかけて下さって、感謝しております。
また、イガラシイッセイ氏を、今では氏のアイデンティティである
「ちょいワル」に導いたのもHさんです。
そして、Hさんの旦那さんは、
僕を「モテ」に導いた方でもあるのです。


「たいへんお世話になりました!」
という意味を込めて、送別会の最後に、
一本締めをしたかったのですが、
50名以上の方々の前で、
いきなり僕が一本締めの役を仰せつかったため、
「『一本締め』って、あの『よーーーっ』ってやるやつだよな」
とそればかり考えてしまい、
マイクを向けられたときに、反射的に、


「よーーーっ」


と言ってしまい、


「パン!」


で、完全に締まってしまいました。
すぐに「しまった(締まった)!」と思いました、
何も言えなかったからです。
したがいまして、ここに書かせて頂きます。


たいへんお世話になりました。
今後ともよろしくお願い致します。